2024年06月01日

風の上で眠る

kaze.omote小-scaled.jpgkaze.ura小-scaled.jpg

今年はタテヨコ企画の公演は3月の「繭の家」のみ。次回は来年2025年3月の公演までありません。
あ、9月に八戸で「谷繁2」の再演はありますが。
5月の下北澤姉妹社さんの出演に続き、外部出演の公演があります。
一昨年「三人姉妹」でお世話になった、アトリエ・センタフォワードさん。
代表の矢内文章さんにはタテヨコ企画でも客演いただくなど、たくさんお世話になっています。
ご自身のプロデュースするこの公演にまた携わる機会を頂き
二つ返事であっという間にお願いしてしまいました。

しかもオリジナル新作をふたつのチームで上演するのです。
私は「ひばりチーム」に出演します。

台本を事前に送ってくださったのにダウンロードが上手く出来ていなかったようで読めず
今日顔合わせと本読みでした。
全く見当もつきませんでしたが、タイトルの意味もわかって、とても面白い作品でした!
劇場で上演するのをお客さんと共に楽しむ、ただの楽ではなく、芸術性を追求する。
しっかりと食べて体調管理します。
ぜひとも、今から日程をあけておいてくださいまし。

アトリエ・センターフォワード 第19回公演
「風の上で眠る」
作・演出 矢内文章
2024年7月3日(水)〜7月14日(日)
場所:雑遊(新宿三丁目)

近未来。片田舎の無人駅。
会社の裏金を奪って逃げてきた二人の男は、電車が来ずに立ち往生。
その上、居合わせた人たちのひどい事情まで抱えてしまい…。
アトリエ・センターフォワード2年ぶりの新作は
ブラックな社会を背景にしたハートフルコメディ。2チーム編成で2週間のプチロング公演!

チームひばり出演者:本郷 弦 あさ朝子 橘 麦 永野和宏 矢内文章

★観劇料 全席自由

一般前売4,000円 一般当日4,300円 学生2500円(要学生証提示) 小中学生2,000円 

2チーム観劇券6,000円(前売限定)リピーター割引券3,000円(要半券提示)

★ひばりチームタイムスケジュール(受付開始、開場は開演30分前。上演時間約110分休憩無し)

2024年/7月

 4(木) 14:00

 5(金) 19:00

 6(土) 12:00

 7(日) 16:00

 8(月) 休演日

 9(火) 14:00

10(水) 19:00

11(木) 14:00

12(金) 19:00

13(土) 16:00

14(日) 12:00

以上、私の出演するひばりチームのみ回表示。

カナリアチーム日程に関しては https://centerfw.net/ でご確認下さい。(混乱を避ける為ごめんなさい)

ちなみにカナリアチームさん出演者は 岡田篤弥、西澤香夏、高木郁佳、長万部純、山増圭。

2チームとも観るのも楽しいと思いますし、カナリアチームさんしか観れない方も下記からご予約可能です。


★チケット予約(あさ朝子扱い予約フォーム) ※どなた様もご予約いだだけます!私はひばりチームに出演します。

https://ticket.corich.jp/apply/309506/004/


★劇場案内

雑遊(新宿三丁目)

〒160-0022 東京都新宿区新宿3-8-8 新宿O・Tビル 1F
地下鉄都営新宿線 新宿三丁目駅 C5出口目の前
東京メトロ丸ノ内線・副都心線 新宿三丁目駅 B2出口徒歩5分


★スタッフ

作・演出:矢内文章  演出助手:岡村尚隆  照明:篠崎大樹  音響:岡村尚隆

美術:佐藤麗奈 音楽:高崎真介 

記録映像:鈴木カズオ 宣伝美術:槌谷絵図芽 

当日運営:間宮あゆみ 舞台監督:田中美紗樹

助成:芸術文化振興基金 

制作・主催:アトリエ・センターフォワード 


★協力

無名塾 YagiRock  ソラカメ タテヨコ企画 

劇団新人会 リザ・プロジェクト

ACTORS AGENCY ハイイロ e-factory 

有限会社フレスカ  池林房・太田篤哉 

一般社団法人表現者工房  


★お問合せ

メール info@centerfw.net  TEL 070-8388-6951


posted by asa at 23:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2024年05月31日

束の間

下北澤姉妹社「リンカク」ー押し合う輪郭ー 公演を終了し本当に色々と思います。
まずは沢山の方々にご来場くださいまして感謝の気持ちいっぱいです。
観てくださった方々は何となくお分かりかと思いますが、この時代で中々にない舞台作品かなと思います。
誰もが観てすぐわかる、判り易い話や表現や設定ではない要素もあり、
しかも14才位の女と愛人関係になる複雑な家庭や関係性を描き、道徳観・倫理観とも昨今描かれにくいお話を
よくぞこんなに愛の塊で寄り切り演劇にしてしまえたなぁと、あらためて作家の西山水木さん、演出の伊東由美子さんはじめ
姉妹社を切り盛りする松岡洋子さん、魅力的な共演者やスタッフさんに敬意と感謝をお伝えしたいです。
千秋楽後も色々考えさせられましたが、やはり稀有な公演であったことと、その機会に参加させて頂き心から感謝いたします。

個人的にはやはり普段からの肝の小ささ、人間の小ささみたいなものが出ていたなぁと。
素直にまっすぐ爽やかに直球を投げ続ける若い共演者たちに物凄く心を打たれていました。
私も同じ頑張りは出来なくてもがんばらなくては。

そして、長年俳優をやってきて、こんなに公演が続くのは初めてのことですが
また6月から別の公演の稽古がはじまります。
ありがたいことです。
次はまた質の違う舞台上での関係性を築くときに、たくさん共演者からも受け取れるように、
その時に嘘をつかないように臨みたいと思います。

20240525_133340167.jpg


20240525_133324036.jpg

宇野亞喜良展 AQUIRAX UNO
2024年4月11日[木]- 6月16日[日]
東京オペラシティ アートギャラリー

太極拳のお友達に教えて貰った展示。
お芝居の衣装の画たちが特に素敵。寺山さん。
他にもたくさんの原画が。画家とデザインはまた別の仕事。
同じというか越境したり重なる部分もある。
役者も少し演出や衣装や舞台装置と関連して考えたり演じたりする。

リンカクの公演終わって翌日からボイトレ。身体のメンテしたり。
上手く身体が回復しずらくなっていますが老化と上手くやっていけるよう。

展示を観ても思います。
私は少しグロテスクで弱くて醜くて奇妙で、その中に美を見出したい。
そういう存在を結果としてどこかにずっと求めているように思います。

美とは色々で私には程遠いのも事実だけど
美はどんな命にもかならず付随しているものだと最近は信じられて
安心できるようになった。
けれどそれを作品の中で抽出して出せるか否かは
独りの力ではなく、全ての台詞や相手役、観客、スタッフのおかげでしかない。

己の映像や写真などを見ればみるほど筋張った老女がいる。
心して次へ臨もう。

posted by asa at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2024年04月06日

下北澤姉妹社第5回公演 『リンカク - 押し合う輪郭 - 』

20代の頃から憧れの西山水木さんと松岡洋子さんのプロデュースユニット、下北澤姉妹社さんの公演へ出演いたします。
お話を頂いた時は驚きと嬉しさでいっぱいでした。
頂いた脚本と丁寧なプロットに怖れと不安に駆られましたがそれ以上にとにかく関わりたい一心で、臨ませていただきます。
女性の生活を描きたいと、少し変わった関係性の登場人物たち。
どのような困難を抱えているのか、困難が困難として受容していないかのような人、
意図する、しないに関わらず、授かった命、さまざまなカタチ、生き様。。。
スズナリの空間でどんな世界をみなさんと共有できるのか、紡ぐ世界を、座組のみなさんと共に
精一杯かたちにして参りたいと思います。
ぜひお見逃しなく。

下北澤姉妹社第5回公演
『リンカク - 押し合う輪郭 - 』
脚本:西山水木(下北澤姉妹社)
演出:伊東由美子(劇団離風霊船)

公演期間:2024/05/15 (水) 〜 2024/05/19 (日)
5月
15(水) 19:00
16(木) 14:00/19:00
17(金) 19:00
18(土) 14:00/19:00
19(日) 14:00

* 受付開始は開演の45分前、開場は開演の30分前です。
* 未就学児童入場不可です。
* 車椅子でご来場の方は事前に劇団までお知らせ下さい。

劇場:ザ・スズナリ
   東京都世田谷区北沢1-45-15

【チケット】
前売:一般4,500円/学生3,500円(要証明)
当日:一般4,800円/学生3,800円(要証明)

【あさ朝子扱いチケット予約フォーム】※どなた様もご予約いただけます

出演者:松岡洋子(下北澤姉妹社)、倉品淳子、あさ朝子(タテヨコ企画)、永田涼香、桑田佳澄(江古田のガールズ)、喜田裕也(はちどり空港)、龍昇(龍昇企画)

スタッフ:
美術 加藤ちか
照明 和田東史子
音響 須坂あゆみ
音楽 中野亮輔
振付 西山水木・倉品淳子・永田涼香
舞台監督 渡辺了
舞台監督助手 田中美紗樹
衣裳 上野理子
人形製作 西山水木
映像撮影 吉田雅人
宣伝美術 土屋咲登子
宣伝写真 武藤奈緒美
制作 奥田英子
主催 下北澤姉妹社
協力 劇団離風霊船 龍昇企画 タテヨコ企画  江古田のガールズ はちどり空港 ジェイ・クリップ グリーンメディア 演劇ユニットG.com みそじん  (株)PT
助成:公益財団法人東京都歴史文化財団 アーツカウンシル東京【東京ライブ・ステージ応援助成】ACT_logo-01_S.jpg

stage_272358.jpg1709088816527.jpg

下北澤姉妹社

https://ameblo.jp/hmymy2020/

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。

posted by asa at 23:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

タテヨコ企画「繭の家」映像配信でご覧あれ!

1706484086885.jpgLINE_ALBUM_美術と照明_240406_1.jpg
タテヨコ企画「繭の家」映像配信のご案内
劇場にお越しいただけないお客様にも作品をご覧いただきたいと考え、タテヨコ企画第45回公演「繭の家」の映像配信を行います。
映像配信での観劇をご希望のお客様は、下記の要領でご予約いただきますようよろしくお願いいたします。
○販売開始日
2024年3月20日(水)
○販売期間 
2024年3月20日(水)00:00〜5月19日(日)23:59
※セブンーイレブン決済時の支払締切は4月20日(月)23:59です。
○映像配信日程
2024年4月13日(土)19:00〜6月2日(日)23:59
<視聴可能期間>
視聴ページログイン後14日間(336時間)
配信期間中のお好きなタイミングで14日間(336時間)視聴できるサービスです。
視聴用ページにログインいただいてから336時間が経過すると視聴いただけなくなりますので、ご注意ください。
○チケット料金
2,800円(セブン決済手数料:220円 クレカ決済手数料:無料)
○ご予約
Confetti(カンフェティ)
※WEB予約のみでの受付となります。
○チケットについてのお問合せ先
カンフェティお問合せフォーム
○購入・視聴方法
以下のURLをご覧ください。

無事に劇場を公演を終えました。ご来場のお客様、ありがとうございました。
今回はひきこもりの息子と厳しい夫の間で揺れる母の役でしたが、
もう少し泣かないで表現出来たらよかったのですがいつも鼻水ずるずるですみません。
しかし、前と明らかに違う自分がいます。
ボイトレに通ったおかげで役をやればやるほど発見したり、楽しみだったり、
それに変な疲れ方をしないのです。
やはり声ってとても重要ですね。
今回の役は胸声も多様しましたが、もっと観る人に心地よくというか
役の状況や文脈にそって託せるように精進したいと思います。
素敵な音響、照明、美術と、タテヨコ企画を支えてくださる制作さん。
本当にみんな素敵なお仕事を。ぜひとも映像でも堪能ください。
転換素晴らしいですよ!

posted by asa at 00:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2024年02月25日

タテヨコ企画 第45回公演『繭の家』

令和6年梅の花も終わり桃や桜など続く草花が楽しみです。
2024年は私、あさ朝子、信じられない位に舞台予定が続いています。
3月、5月、7月、9月と公演、それぞれでまたご案内いたします。
こんなこと、50歳にして初めての経験です、ありがとうございます。
若い時のような演じ方はもう卒業して今の身体での豊かな表現を追求していく所存です!
まずはタテヨコ企画の青木柳葉魚の新作!ひきこもり問題や8050問題を扱った作品です。
これまでタテヨコ企画にご出演頂いた頼もしく、魅力溢れる客演さんたちとガッツリと作ってまいります。
なにげに今年タテヨコ企画は結成から25周年です、ぜひともご来場ください!

1706484086885.jpg
1706484091416.jpg

2024年3月27日(水)〜31日(日)シアター風姿花伝

3月27日(水) 19:00☆
  28日(木) 14:00☆/19:00☆
  29日(金) 19:00☆
  30日(土) 14:00/18:00
  31日(日) 14:00◎
  ※ 受付開始は開演の1時間前、開場は開演の30分前
  ※ ◎=ママ・パパ観劇day(小さなお子様をお預かりいたします)
  ※ ☆=ウィークデー割引

会場:シアター風姿花伝 
〒161-0032 新宿区中落合2-1-10  03-3954-3355


前売/4,200円(日時指定・全席自由) 当日/4,500円  
ウィークデー割引/4,000円 
小・中・高校生/1,500円   U25(25歳以下)/2,500円 
シルバー割引(65歳以上)/4,000円
配信/2,800円
*未就学児童の入場はお断りさせていただきます。

チケット販売開始日:2024年2月27日(火) 
チケット予約:https://www.quartet-online.net/ticket/tateyoko45?m=0tchicd


作・演出:青木柳葉魚
キャスト:あさ朝子 舘智子 西山竜一 久行志乃ぶ ミレナ(以上タテヨコ企画)
     坂本容志枝(よなよな) 椎名茸ノ介 谷口継夏 林竜三 
     森啓一朗(東京タンバリン)  リサリーサ(劇26.25団)

スタッフ: 舞台美術/濱崎賢二(青年団) 照明/中佐真梨香(空間企画) 音響/おにぎり海人(かまどキッチン)
      宣伝美術/水主川緑 チラシ写真/神山靖弘
      制作/三國谷花(舞台芸術創造機関SAI) タテヨコ企画制作部
      製作/タテヨコ企画
      The other members/大塚あかね 加藤和彦 舘野完 ちゅうり 服部健太郎 向原徹 遊佐絵里 好宮温太郎
      主宰/横田修

助成/公益財団法人東京都歴史文化財団 アーツカウンシル東京
【東京ライブ・ステージ応援助成】
ACT_logo-01_S.jpg

 協力/(株)アートエンターテイメント sanpodouraku (株)ナノスクエア
 (株)バウムアンドクーヘン 放映新社

◎ママ・パパ観劇day
小さなお子さまを、上演中責任を持ってお預りします。安心して観劇をお楽しみ下さい。
*定員になり次第締め切らせていただきますので、必ず事前にお問い合わせ下さい。
◆お申し込み イベント託児・マザーズ 0120−788−222
 (お申込受付:月〜金曜 10:00〜12:00 13:00〜17:00)
日時:3月12日(日)14時の回 料金:¥500(チケット料金別)

posted by asa at 11:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2023年08月08日

谷繫2の公演が大阪・東京・藤枝であります

tanishige2_omote_M.jpg
tanishige2_ura_L.jpg

タテヨコ企画 第44回公演『谷繁2』

 2023年9月8日(金)〜10日(日)@表現者工房(大阪市生野区生野東2丁目1-27寺田町延三ビル)

 2023年9月16日(土)〜24日(日)@sancha teatretto(東京都世田谷区太子堂5-11-7)

 2023年10月28日(土)〜29日(日)@白子ノ劇場(静岡県藤枝市本町2-7-5)

タイムテーブルは特設サイトやチラシ画像からご確認ください




上記からどなた様もご予約頂けますのでぜひぜひ!
特に東京公演は会場が小さいのでお席が少なめですのでご予約お急ぎください!
sancha teatrettoは「さんちゃテアトレット」と読みます。

4年ぶりのコロナ感染症による行動制限のない令和5年、楽しんでいらっしゃいますか?
タテヨコ企画も4年ぶりに3都市公演をします!

タテヨコ企画の劇団員が長年大切にしている、俳優同士のその場の関係性のやりとり。
これらを今一度、各々の挑戦する事を交えてよい化学反応が起きるよう
稽古をしてまいります!
どの会場でもお客様に楽しんで頂けるよう精一杯取り組みます。

観てくださる方々と共に作品が出来ていくのでぜひともお運びください。
家族、友人、先輩後輩、同僚、色々な人と観たら楽しいと思います。

劇団員が容赦なく稽古して、またパワーアップしてまいります!
谷繁2。。。ぜひお楽しみに☆

あさ朝子
posted by asa at 22:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2023年03月19日

配信で観劇:橋の上で

ご来場頂いた方も見逃した方もぜひともタテヨコ企画の公演をご覧下さい。
秋田児童殺人事件を題材にしたお芝居で、いつものタテヨコ企画とは少し違う作品になっています!

私も気持ちの悪い役もやりましたので是非とも観て下さいね〜🌟



タテヨコ企画 第 42回公演『橋の上で』 2023年3月8日(水)〜12日(日)@小劇場B1
【映像配信のご案内】

新型コロナウイルスの感染拡大の影響により、劇場にお越しいただけないお客様にも作品をご覧いただきたいと考え、タテヨコ企画第43回公演「橋の上で」の映像配信を行います。
映像配信での観劇をご希望のお客様は、下記の要領でご予約いただきますようよろしくお願いいたします。

○映像配信日程
2023年3月25日(土)19:00〜4月30日(日)23:59

<視聴可能期間>
視聴ページログイン後14日間(336時間)
配信期間中のお好きなタイミングで14日間(336時間)視聴できるサービスです。
視聴用ページにログインいただいてから336時間が経過すると視聴いただけなくなりますので、ご注意ください。

○チケット料金
2,500円(セブン決済手数料:220円 クレカ決済手数料:無料)

○販売期間 
2023年3月1日(水)00:00〜4月16日(日)23:59
※セブンーイレブン決済時の支払締切は4月17日(月)23:59です。

○販売ページ:

○ご予約
Confetti(カンフェティ)
※WEB予約のみでの受付となります。

○チケットについてのお問合せ先
カンフェティチケットセンター 0120-240-540(受付時間 平日10:00〜18:00)

○購入・視聴方法
以下のURLをご覧ください。


○ご注意点
◆URL購入後のお客様のご事情による返金はお受けできかねますので、予めご了承ください。
◆事前に撮影された映像の配信となります。当日のライブ映像配信ではございません。
◆視聴には、別途通信費が掛かります


posted by asa at 19:45| Comment(0) | TrackBack(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2023年01月17日

タテヨコ企画第43回公演「橋の上で」

FmCtutUaUAEn-Vl表.jpg FmCtutWagAcXc74裏.jpg

タテヨコ企画第43回公演「橋の上で」
~本当のことを教えてください~

<作・演出>青木柳葉魚
<キャスト> 
あさ朝子 加藤和彦 舘智子 西山竜一 久行志乃ぶ ミレナ(以上タテヨコ企画)
いまい彩乃 今村裕次郎(小松台東) 谷口継夏 仲坪由紀子 リサリーサ(劇26.25団)

<ものがたり>
2006年。雪解け残る北国の春。
切れるように冷たい川の流れに一人の少女の遺体が浮かんだ。
単なる事故死として処理されたその事件は、さらなる悲劇の始まりであり、ある女の人生の終着点だった。
20年後。新聞記者の能瀬は事件の再検証を始める。
見えてくる厳しい現実。
そこには深い闇が広がっていた。

<公演日程>
2023年3月8日(水)〜12日(日)全7ステージ
 8日(水) 19:00
 9日(木) 14:00/19:00
 10日(金) 19:00
 11日(土) 14:00/19:00☆
 12日(日) 14:00◎
 ※ 受付開始は開演の1時間前、開場は開演の30分前
 ※ ◎=ママ・パパ観劇day(小さなお子様をお預かりいたします)
 ※ ☆=サタデーナイト割引

<会場>
小劇場B1(東京都世田谷区北沢2-8-18 北沢タウンホール地下1階) 
小田急線「下北沢駅」東口改札・京王井の頭線「下北沢駅」中央口改札より徒歩10分

<料金>
前売/4000円(日時指定・全席自由) 当日/4200円 
サタデーナイト割引/3800円 小・中・高校生/1500円  
大学生・専門学生/2500円 シルバー割引(65歳以上)/3800円
配信/2500円
*未就学児童の入場はお断りさせていただきます。

◎ママ・パパ観劇day
 小さなお子さまを、上演中責任を持ってお預りします。安心して観劇をお楽しみ下さい。
 *定員になり次第締め切らせていただきますので、必ず事前にお問い合わせ下さい。
 ◆お申し込み イベント託児・マザーズ 0120−788−222
       (お申込受付:月〜金曜 10:00〜12:00 13:00〜17:00)
  日時:3月12日(日)14時の回
  料金:¥500(チケット料金別)

<スタッフ>
舞台美術/濱崎賢二(青年団) 照明/中佐真梨香(空間企画) 
音響/おにぎり海人(かまどキッチン) 宣伝美術/水主川緑 チラシ写真/神山靖弘
制作/三國谷花(舞台芸術創造機関SAI) タテヨコ企画制作部 製作/タテヨコ企画
The other members/大塚あかね 舘野完 ちゅうり 服部健太郎 向原徹 遊佐絵里 好宮温太郎
主宰/横田修
協力/劇26.25団 小松台東 青年団 フォーチュンシアター アトリエコル オフィススリーアイズ (株)ナノスクエア 
ネクストタレントプロモーション 株式会社ミネラル

<あさ朝子扱いチケット予約>
※どなた様もご予約頂けます

タテヨコ企画橋の上で上で特設サイト
<問合せ先>タテヨコ企画(03-5384-0250 ・ information@tateyoko.com )

●配信サービスを行います。詳細は後日タテヨコ企画HPまたはSNSにて。
posted by asa at 22:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2023年01月14日

2023年毎日よろこびを

20230107_162312.jpg
こんにちは☆彡
令和5年、私には50歳を迎える節目の年にあたります。
2020年から続いていた体調不良がようやく回復した感じです。

ずっと診てくださる先生に沢山治してもらい、通院の度に心の持ち様というか、意識改革にも色々させてもらっています。
例えば身体の凝りや痛みは「気のせい」という場合も多々ある話とか。
気の持ちようで身体が変わることもやはりある。
昭和の根性論でなく、切断した無いはずの右足が痛いとか、人間の脳は色々と信号を出して
筋肉の実際の痛みではなくて、記憶から痛みを感じてしまうこともあると言います。
いつもいつも、「私は身体が悪くて当たり前」と思い過ぎていました。
持病があろうがなかろうが、どこか痛いとか不調があるのは当たり前と認めすぎてました。

痛いとか不調とかを待ち受けることに一生懸命になってました。
いちいちショックを受けないように受け止め過ぎたり予想し過ぎたりしたのもあるかも。
心地よく在る、健康でいる
それだけに一生懸命になればいいのに。

ずっと色々と負の身体を受け入れ過ぎてきてしまっていたのだなと。
それでも健康な人たちと一緒に演劇を通して色々な人や物事とのかかわり方を学んできて
もう身体のピークも終わり枯れ野を歩み始めている今になって、ごくシンプルな確かな幸せを自ら感じられて
このことは大変に大きなことです。

2022年のクリスマスくらいから、毎日ごく短いストレッチをしています。
毎日コツコツ何かをやるのは、案外楽しいです。
今までは続かないのに、まだ続いています。

何歳になってもよくなれるんですよと先生の言う通り、それを体現していきたいと思います。

今年もますますよろしくお願いいたします🌟

写真は日本橋で買った可愛い小物たち
ブルーのフサフサだけ自分の。
あとは親しい人に。
posted by asa at 18:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年10月29日

念願の出演です!

acf18_omote.jpg acf18_ura.jpg

ボイトレに通い出してから個人的に色々と思うところもあり、こうした古典作品を極力その時代設定のまま演じる機会があれば!
と思っていた矢先、ありがたいことにお声がけ頂きました。
タテヨコ企画の2018年第34回公演『あるサラリーマンの死』でご出演頂いた矢内文章さんのアトリエ・センターフォワードに
出演させて頂きます!!

2022年の2月24日からロシアのウクライナ侵攻が始まり、世界はコロナ禍や異常気象や地震等の災害など不穏なニュースに溢れています。
ですが、ロシアの芸術文化まで排他されるべきものでもないですね。
私はお互いを知る、対話する、文化にはそんな力もあると信じています。
チェーホフが1900年に執筆したというこの「三人姉妹」は当時の時代を鏡のように映し出し、観客は登場人物たちを愚かだと馬鹿にしながらも実は観客たちそのものの姿だったとも言えるような作品だったかもしれません。その作品をこの2022年に何を鏡のように映し出すでしょうか。
初めて共演する方々ばかりと、大変にありがたい貴重な創作と表現を共にします。
精一杯生きて皆と立ち上げていきたいと思いますので、ぜひとも今から予定に入れてご予約をお願いいたします!!
色々と物価高騰のなか、このチケット代は素敵だと思います☆

以下情報です!

アトリエ・センターフォワード第18回公演

『三人姉妹 〜愛と幻想と、残酷な時間〜』

作 アントン・チェーホフ

上演台本・演出 矢内文章

チェーホフ4大戯曲の一つ『三人姉妹』を「時代の変遷」という視点から解釈し、上演台本を作成、残酷な時の流れに取り残される人々の葛藤を三人の姉妹が人生に立ち向かおうとする姿を中心に約2時間の物語として描き、ロシア革命時の作品が現代社会の写し鏡となるような演出で上演する。

なお、上演台本作成にはAI翻訳を、チラシデザインにはAIイラスト自動生成ソフトを使うなど100年前には考えられなかった技術を実験的に導入している。

★出演

オルガ:藤堂海 マーシャ:安藤瞳 イリーナ:北澤小枝子

ヴェルシーニン:本郷弦 トゥーゼンバッハ:岡田篤弥 クルイギン:根本大介  

チェブトイキン:三瓶裕史 ソリョーニ:山岡よしき フェドーチク:今井聡 

ローデ:西澤香夏 フェラポント:堂下勝気 アンフィーサ:あさ朝子

ナターシャ:みょんふぁ アンドレイ:矢内文章

★12月7日(水)〜11日(日)

劇場 東京・両国 シアターX カイ

劇場地図はこちら

★チケット料金(全席自由)10月16日(日)ご予約受付開始

一般前売3500円 一般当日4000円

学生2500円 小中高生1500円

★タイムテーブル(開演時間)

12月7日(水) 19時

   8日(木) 19時

   9日(金) 14時 19時

  10日(土) 14時 19時

  11日(日) 14時

※受付開始は開演60分前より。開場は開演30分前。

※受付開始時より整理券をお渡しし、開場時にその番号順にご入場いただきます。また、番号は、ご予約(当日清算)の方より発行いたします。

※感染症対策ガイドラインに則った公演です。ご来場時の体温測定、手指の消毒、会場内でのマスク着用にご協力ください。

※具体的な感染症対策はこちら 

★ご予約[あさ朝子扱いチケット予約] *どなた様もご予約頂けます

↑ 予約サイトで必要事項をご入力のうえ、ご予約ください。

★アーカイブ配信 12月20〜25日(期間中何度でも視聴可能)

配信視聴料2500円(ご予約方法等、詳細は後日HPにて発表)


★スタッフ

上演台本・演出:矢内文章

演出助手:岡村尚隆

美術:佐藤麗奈

音響:堀江潤

音楽協力:瀬奈ヒロキ

照明:若井道代

舞台監督:タブチマサヒロ

衣装:千葉奏子

ヘアメイク:渡辺真樹

宣伝美術:松田陽子

イラスト生成:Midjourney

映像製作・配信:鈴木カズオ、谷若菜

制作支援:古元道広・加藤七穂

制作・プロデュース:矢内文章、洪明花

主催:アトリエ・センターフォワード

補助金:Arts For the Future 2

★協力

鰍ュろまく ソリファ 無名塾 劇団青年座 潟宴Cティングユニオン 劇団ソラカメ 

タテヨコ企画 タカハ劇団 青年座映画放送梶@TRASHMASTERS HANATOMO演仕屋 

鰍bESエンターテインメント YagiRock


以上ぜひぜひ観にいらしてください!

アトリエ・センターフォワード第18回公演『三人姉妹 〜愛と幻想と、残酷な時間〜』製作開始!トレイラー



posted by asa at 17:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする