2021年04月10日

成功イメージ

劇団の公演が終了してから
片付け、報告書と腰痛・坐骨神経痛で色々と身体が思うようにならず
行動や判断力が低下したまま日常を送るのが危険になってました。
仕方なく劇団員たちの駆け込み寺のようになっている鍼灸師の先生のところへ
私もお世話になりました。

言われた事は様々
とにかく
酷い身体で腰背中は写真を撮りたい位だと言われた
骨がずれまくり、腫れて、色も青くなっていると
エネルギー100としたら20位の虚弱な状態が長く続いている状態で
悪化している
少なくとも1か月は通ってくださいと
はい、高くつくなぁと思うけど背に腹は代えられぬ
ここまでに放置した罰

気になるのは何年か前にデトックスのトレーナーから器機計測してもらい
カウンセリングで言われた事と同じような現象を言われて
そのトレーナーも今回の鍼灸師の方も首をかしげるところ

強いストレス下にある身体となっているが
食欲もあり、よく眠れ、排泄も普通にある

今回腰痛・坐骨神経痛で出たのはある意味治療に来る理由になり
良かったとの事
ストレスや不調が判らなくなるのはアウトな事だな
貧乏だから休めないというのと関連しているけど
気を付けよう

ほぼ同時期にひょんなことからコーチングを受ける事に
知らない世界だけど身体と心のメンテナンスにちょうど良いので
お願いすることにした
なんでか、この間の芝居を観てすぐに誘ってくれた
渡りに船
そう言えば過去にこの言葉を知ったのもこの友からであった
まさに渡りに船

そしてボイストレーニングの先生から面と向かってお礼を言われた
これは生きていてそうそうない事(ごくありふれてあるのかもだけど私にとっては)
びっくりしたけど、私の知らないところで新たな可能性に寄与出来る事なのだと知れて、嬉しかった
だから前向きに歩もうとあらためて思いました
きっと頑張らなくてはならない厳しい事はやはりある
でも向かって行こう、そう思いました

本日コーチングの初セッション。
色々と聞いてもらって、自分のことばかりでいっぱいになっているのが嫌になる。
でもまずは整理して向かって行こう。

今日はまた別の交流
公演をすると色々な交流が生まれて色々と作用します。

他ではアルバイトの話ももらいました。
感覚的だけど、色々と従おう。
そして、全ては必要に作用している。

何かを学びながら、
大切なのは健康でいること。
幸せでいること。
それはまわりの人と幸せでいたいということ。

さて、公演と報告書の目処がたち、確定申告だと思ったら
大変な問題が。
ま、問題にも粛々と向かおう。
反省。
それでも元気でいよう。

そして成功イメージをしていない自分。
そうか、それも、少しずつ。
ちゃんと治さないとね。
posted by asa at 10:49| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年02月24日

タテヨコ企画第39回公演「誰かの町」

dareka_omote_L.jpg dareka_ura_L.jpg

こんにちは
コロナ対策を実施しながら
大阪公演は中止になってしまいましたが
東京公演のみ開催の運びとなりました。

困難下のいまを生きる私たち
新しい創作の中で私たち自身も何かを見出して
みなさんと元気になりたいです。
配信公演もございます。
ぜひご覧になって、ともに楽しんで頂けたら幸いです。
タテヨコ企画第39回公演「誰かの町」
●作・演出:横田修
●キャスト: 
市橋朝子 加藤和彦 舘智子 西山竜一 久行しのぶ(以上タテヨコ企画)
竹内宏樹(空間 悠々劇的) 辻川幸代(ニュアンサー) 福永理未 森啓一朗(東京タンバリン) 
●スタッフ: 
舞台美術/濱崎賢二(青年団) 音響/近藤海人 中村光彩 照明/中佐真梨香(空間企画) 宣伝美術/水主川緑 
チラシ写真/神山靖弘 制作/三國谷花(舞台芸術創造機関SAI) タテヨコ企画制作部 製作/タテヨコ企画
The other members/青木柳葉魚 大塚あかね 舘野完 ちゅうり 服部健太郎 向原徹 遊佐絵里 好宮温太郎
協力/空間 悠々劇的 青年団 ニュアンサー (株)アートエンターテイメント (株)ECHOES (株)ナノスクエア バウムアンドクーヘン
助成/令和2年度芸術文化振興基金助成事業
●公演日程:2021年3月24日(水)〜3月28日(日) 
24日(水) 19:30
25日(木) 14:00/19:30
26日(金) 19:30
27日(土) 14:00/19:00☆
28日(日) 14:00◎
 ※ 受付開始は開演の1時間前、開場は開演の30分前
 ※ ◎=ママ・パパ観劇day(小さなお子様をお預かりいたします)
 ※ ☆=サタデーナイト割引
●会場:小劇場B1(東京都世田谷区北沢2-8-18 北沢タウンホール地下1階 03-6416-8281) 
 ■小田急線「下北沢駅」東口改札・京王井の頭線「下北沢駅」中央口改札より徒歩10分
●料金: 
前売/3,800円(日時指定・全席自由) 当日/4,000円  
サタデーナイト割引/3,500円 小・中・高校生/1,500円  
大学生・専門学生/2,500円 シルバー割引(65歳以上)/3,500円
配信/2,000円
 *未就学児童の入場はお断りさせていただきます。
□ママ・パパ観劇day
 小さなお子さまを、上演中責任を持ってお預りします。安心して観劇をお楽しみ下さい。
 *定員になり次第締め切らせていただきますので、必ず事前にお問い合わせ下さい。
 ◆お申し込み イベント託児・マザーズ 0120−788−222
  (お申込受付:月〜金曜 10:00〜12:00 13:00〜17:00)
 日時:3月28日(日)14時の回
 料金:¥500(チケット料金別)

●劇場観劇チケット取扱:
[市橋朝子様扱い 予約フォーム]
https://www.quartet-online.net/ticket/tateyoko39?m=0aedhbh

●問合せ先: タテヨコ企画(03-5374-8170 ・ information@tateyoko.com )
●配信サービスを行います。
<映像配信のご案内>
新型コロナウイルスの感染拡大の影響により、劇場にお越しいただけないお客様にも作品をご覧いただきたいと考え、タテヨコ企画第39回公演「誰かの町」の映像配信を行います。
映像配信での観劇をご希望のお客様は、下記の要領でご予約いただきますようよろしくお願いいたします。

○映像配信日程
2021年3月27日(土)19:00〜4月26日(月)18:59

○チケット料金
2,000円(セブン決済手数料:220円 クレカ決済手数料:無料)
※一度ご購入いただけると、期間中何度でもご視聴頂けます。

○販売期間 
2021年3月8日(月)00:00〜4月26日(月)15:00(入金終了時間16:00)

○配信ご予約
Confetti(カンフェティ)
※WEB予約のみでの受付となります。

○購入・視聴方法
以下のURLをご覧ください。

○チケットについてのお問合せ先
カンフェティチケットセンター 0120-240-540(受付時間 平日10:00〜18:00)

○ご注意点
◆URL購入後のお客様のご事情による返金はお受けできかねますので、予めご了承ください。
◆事前に撮影された映像の配信となります。当日のライブ映像配信ではございません。
◆視聴には、別途通信費が掛かります。
ーーーーーーーーーーーーーーーーー
町を歩けば当時を思い出すこともあるだろう
思い出はいつも記憶の中にある
でも実際に歩かなきゃ出てこないのだとしたら
そのありかは町だと言えやしないだろうか
そんな町を捏造する

□ものがたり
舞台は架空の地方都市。携帯電話もSNSもなかった時代。とある商店街に暮らす人々のささやかな交流を描く。
ソーントン・ワイルダーの『わが町』をモチーフに、誰かの記憶の中にあるだろう町を立ち上げる。

□ご来場のみなさまへ
新型コロナウィルス感染防止のため、ご来場のみなさまにも入場時の検温、手指消毒やマスク着用などをお願いしております。ご理解・ご協力くださいますようお願いいたします。状況によってはやむをえず変更・中止となる場合がございますのでご了承ください。最新情報、感染症対策につきましては、タテヨコ企画HPにてご確認ください。
posted by asa at 15:01| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年11月24日

おつかれさんの休日

20201122_164658.jpg

ビョルジャン
住所:東京都新宿区大久保2-32-3 2F
電話番号:03-6302-1018
営業時間:24時間営業/ランチ10:00~16:00 
※コロナウィルスの影響により11:00~20:00での時短営業中
定休日:無休

普段、ひとりでは行けないお店へ☆
チーズキンパのランチは16時まででしたが単品でキンパも食べました〜
韓国フードは色々とあるけど、こんなに揚げ物が多いのだっけ?
でもどれもとても美味しいし、流行りのお店でご満悦

コロナでまた外出自粛モードになりそうだなぁ

と思いつつ翌日で高尾山も行って来た

20201123_112147.jpg 20201123_113412.jpg 

なんも打合せしてないし、皆ちっちゃいリュックなのに
あれよあれよと示し合わせたかのように思い思いの品が出るわ出るわ
バーナーに小さな小さな鍋持参でコーヒー(マシュマロ入り)を淹れてくれたり
パウチになっているワインと紙コップとオリーヴパンを持参してたり
メープルのアーモンドやチーズを持参してたり
アルコールティッシュや45リットルゴミ袋がささっとシートになったり
女性って色々と持ち歩いているよね〜(笑)
山の上で景色を見ながらちょっとしたお楽しみ会に♡
楽しかった〜!
バーナー、私も欲しくなっちゃいました



山頂から東京湾や相模湾も見たり、他の山の稜線や紅葉も愛でました

助成金の申請、事業実施、報告など色々とあくせくしたので
癒されました

客演の5月公演とタテヨコ企画の10月公演が中止になり悶々としていましたが
自分のために希望の光を灯して歩んでいきたいと思います

posted by asa at 13:56| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年11月23日

ひと区切り

20201121_141623.jpg

ホテルで朝食バイキングしてから
バスで日本平へ
展望フロアで富士山側や伊豆半島や駿河湾側の景色も楽しんで
ラウンジは大きな富士山を眺めながらお茶やケーキも食べられるみたい

ロープウェイで久能山東照宮へ

20201121_121057.jpg
日光の方しか行った事なかったけど
家康公は真の人の上に立つ人なんだなぁとあらためて

昔、昭島に住んでいた時に感じていた水と龍と甲斐犬との繋がりで
思っている事
家康公と富士山と日光東照宮まで
それから江戸の灌漑など
2000年から色々と思ってきましたが
ちょうど20年が経ってひと区切りのご挨拶をしました
思いがけないけど
これからはまた別の時代です

で、20201121_121042.jpg この御神饌にされるみかん
140センチ位しかない細い低木なのに
ピッカピカの宝石のような見事なみかんがたっくさん輝いていました‼
ただならぬ気配のみかん

他の角度から見てももうすんごい数の実でした
神懸ってるとしか思わずにはおられん




また葵紋のついたロープウェイで屏風のような山の景色を眺めて
日本平に戻り、桜えびのかき揚げと茶そばのランチ

名古屋からひとりで観光にいらしたという優しい目のご婦人に話しかけられて
一緒にバスに乗って静岡駅に戻り別れました

静岡駅でお土産を買って、帰りの高速バスの中で
Noda・Mapの贋作 罪と罰の動画を見ながら帰りました

途中、江戸から大政奉還の場面で徳川将軍・慶喜の名が何度も出て来る
ああ、旅は面白い
時を超えて、私の中でまた私があらたに生まれ変わった
すこしだけ
生き直すような
そんな旅になりました

これからも笑顔で歩んでいきたいと思います
posted by asa at 21:08| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年11月22日

静岡旅

コロナ感染者増加の中、11/20に静岡市民文化会館で観劇をするので
高速バスで静岡市内へ
夜の公演なので一泊して来ました

行きは雨でしたが途中、晴れて幾重もの雲の層から光が射したり、雲の渦の合間から青空が覗いたり、山や川や街や空のショーが美しく

途中、たてちんに良かったと薦められたNODA MAPの赤鬼を動画で観ました

海の向こう側
oter the sea
鬼と人の境界線

そんな事を思いながら静岡に着いた

雨なので散策はやめて静岡美術館へ
(観光案内所でもらったクーポンで割引で観れました)
赤羽末吉展

20201120_163503.jpg 
20201120_163520.jpg

赤羽さんの挿絵の絵本はこの日本の風土や歴史、史実ではなく口伝の語りを、その体感も想像しやすいように、地形や小道具や、衣装、民俗習慣も入れながら、時には簡略化して、私達に感覚を委ねる並々ならぬ覚悟でデザインされていた

どの輪郭も色も一瞬で信じられる安堵と愛情がある

色も多彩でありながら、必要な強調のシーン直前は色を失くしてしまったり
この情緒のコントロールは本当に演劇的とも言える

案の定、夕鶴でお馴染み木下順二とも親和性高く、舞台美術や舞台衣装を手掛けていらして、その写真も観られた

人は

輪郭線

向こう側

見通し

それらを目当てに希望にしたり

静岡までの道中の景色やNODA・MAPの赤鬼の感想もリンクして赤羽末吉さんの描く鬼などの感想も入り交じり
思った以上に感動した

さてさて
地下の入船鮨さんの駿府鮨を頂いた
お吸い物とプリンに加え美術展の半券サービスでアイスクリームもついて1300円でした
回転寿司じゃないお店にひとりは初めてかも
ネタもシャリも美味、量にも満たされました

20201120_171425.jpg


市民文化会館までトコトコ歩き
開演までの間
街のcafe福さんでお茶
とてもユニークなメニュー沢山で試してみたかったけど無難なジンジャー入チャイ風ミルクティーにしちゃった
メニュー見るだけでも楽しく

ミルクティー美味しく、雨光る静かな優しい時間でした
20201120_182907.jpg

劇場へ向かう時には雨もあがり
谷本さんの記念すべき一人芝居の公演を堪能しました

色々と思った

本当に凄いなぁとリスペクト

歩いてホテルにチェックイン
Go toキャンペーンのクーポンと静岡で使える商品券がついていて合計5000円分もあった
ホテル代も割引で3900円に安くなった上、5000円分も買い物したりアクティビティでも使えるなんて
キャンペーン目当てに来たわけではないし
そんなに観光も考えてなかったけど
全部還元して帰ろうと思いました

20201121_154856.jpg

まちは劇場

素敵
posted by asa at 12:13| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年10月29日

いつもお弁当

昨日はタテヨコ企画のミーティングでした
コロナ禍ですが、来年度の公演についても話し合いました
ミーティング終って西くんのキャベツの千切りが美味しいという話からお弁当の話しになり
今日はお弁当写真
写真をとるから頑張ったのではなくいつもこんな感じなんだよぉ
殆ど冷たいもの弁当

毎日お弁当に野菜を沢山を入れてます
夜中に帰宅しても翌朝こんなお弁当を持参出来るのは
常備菜があるから

キャベツの千切り
紫キャベツの千切り
ロメインレタス
小松菜
ブロッコリースプラウト
赤パプリカ
アボカド
と、毎日5種以上は生野菜に
フラックスシード
ニュートリショナルイースト
マヨネーズをかけて
コロナ禍なってから酵素分解を促す生野菜を採るのも意識してます

そして
レンコン酢蓮
カボチャの煮物
たたきゴボウごま和え
大豆ミートとネギ、カシューナッツ、くるみの炒め物
しめじとエリンギのターメリックとハーブ和え
メンマ
人参、ちくわ、小松菜の芯の卵とじ
黒豆と青豆入り玄米

と、お弁当で毎日20品目以上は目指してます
今日は食材色々と多め
朝作るのは卵料理位で、他は皆常備菜か前の日の残り物
ご飯は冷凍してあるのでそれが保冷剤代わり
真夏も問題なし

バイト先にレンジがあるおかげでご飯は温めて頂きます

20201029_115707.jpg
卵は時間なくていつもキチンと成形してない(^.^)

これに毎日よもぎ茶を飲んだり
高麗人参エキスを飲んだり

でもねぇ、晩御飯に揚げ物惣菜買ったりもするよぉ
体調良ければ食べたいもん食べるけど
大概お昼は野菜とタンパク質の調整食事

容器が深いので大きなお皿に盛るとかなりな量です(^-^)

posted by asa at 20:34| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年06月06日

健康日記2

IMG_20200606_081038.jpg

今日は私の誕生日

最近ナチュラルハイジーンとローフードの本を読んで以来
試しに朝はフルーツだけの朝食にしています(今日は清見みかん、キウイフルーツ、さくらんぼ)

ポイントは好きな生のフルーツを好きなだけ食べる(本には結構大量な量を書いてある)
ヨーグルトやナッツなど身体によくても混ぜずフルーツだけを採る
なぜかというと朝4時〜正午までは排出の時間帯で体内の老廃物や食べた物などを効率よく排出する為です
他の物と合わせると消化酵素にエネルギーが使われてしまうため負担にならないようにです
ですが注意も必要
酸味系の柑橘類、酸っぱい果物、プラム、オレンジ、パイナップルと
バナナ、プルーン、ドライフルーツ、いちぢく等の甘い系果物とは合わせない
酸が甘い系の消化酵素の働きを妨げるそうです

ニュートラルな位置付けのやや酸味のあるフルーツはリンゴ、梨、さくらんぼ、桃、葡萄、パパイヤ、マンゴー
との事なので、酸味系か甘い系かでまず2品位を選んでニュートラルな果物を足す感じです
でもお、、、フルーツ高いし調達も皮をむくのも大変だよお、、、と思うときは無理しません
なのでフルーツの在庫状況によっては豆乳ヨーグルトときなこなどをトッピングしたりして共に食しています

これまでなんちゃってマクロビなどをやり、身体に良い食材は食していましたが
ローフードの本を読むと肉魚と穀類や豆類を一緒に食べたりと、悪い食べ合わせとかも関係していたのだなぁと色々と気づきがあります
まずは火を入れる調理法がやはり基本として長年してたわけです、加熱したものは酵素が死んでしまい
死んだものを食べるという概念が(全く栄養がなくなるわけではないし、食物繊維はとれますが)
3か月もの間、毎日痒みや肌の不調に悩むと無視出来なくなる部分もあります
火を入れて調理を止める事はないでしょうが、少しは意識してローフードで生きた酵素を摂り、
栄養をきちんと作用されるよう酵素に仕事してもらえるように、食べるものと食す時間を学びながらやってみます

今回の腸内改善でゆるゆるとプロアルギナインとハーバルDTだけでどこまで体調不良改善出来るか
大体判ってきました
結果、やはりプロテインも購入し一緒に摂っていた方が効率よくデトックスも出来て
かつ時短、コスパも良かったなと
でも今回は緊急事態宣言もあり外出自粛で色々と時間もあったので今後の食生活も見据えて
あえてデトックスのハーブドリンクと自分の日常の食事の兼ね合いを試したかったのです

次回もしまたこんな体調不良に陥ったら高額であろうとさっくりとプロテインも合わせてお世話になろうと思います

さて正午から20時までは摂取と消化の時間帯です
食べる事と食べた物の消化にあてる時間、
緊急事態宣言解除になって地元のカルディも営業再開したので行ってみよう

亜麻仁油とディルとヒハツを買って、花屋さんでローズマリーを購入する!

IMG_20200606_084316.jpg

あえて、誕生日ポートレート、化粧していて気付いたけど、プロアルギのせいか血流よくなってるんだと思う
髪の毛のトップ分け目部分の禿げが良くなっている(増毛してる)
おかげさま口元も腕も鎖骨もツルツルになってきました!
これから老化の一途なのだと思うばかりでしたが、ちゃんと身体は応えようとしてくれています
シラカバアレルギーの交差反応も出なくなってきたのでさくらんぼも食べてます

それから大切なふたりの友に誕生日を祝ってもらい元気倍増できたのです
ありがとう、幸せ者です

posted by asa at 09:56| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年06月04日

健康日記1

2001年に持病を発症して通院し出し、お世話になったかかりつけ医が独立し開院されたので
2004年頃からは新大塚にあるクリニックまで通院していた
2017年頃その医師がリタイヤされたので
自宅から近い大きな病院へそのかかりつけ医師の書いてくれた紹介状を持って行ってみたら
血も涙もないような20代位のお若い女医さんで、私の目も見てくれずに
私にマニュアルと言うかガイドラインをみせて、ガイドライン通りの治療をいきなり雑に提案された
つまり薬をやれと
私には白衣を着たロシアの女スパイのように見えました
そして診察の終り際、「え?次もうちに来るんですか?」と言われました
警察病院とは一般の方はお断りみたいな雰囲気があるのは当たり前なんだろうか
警察病院へ行った私がバカだったのかもしれないけど、とにかく、恐ろしいと思いました
多分あの医師は私のことなんか人だと思っていない
多分、あの医師は私の事を病名でしかみてくれないとおもいますがそれすらも興味なさげでした

そして仕方なく当時職場で健診を受けていたK病院で定期的に検査を受ける事にしたのですが
行く度に違う医師で、その度にイチから持病の説明をし、その医師が理解する為の時間が割かれた
私は健診で血液検査を受けており正常値なので健診ではなかった項目の癌になっていないかどうかの腫瘍マーカー検査と超音波検査を要望して定期検査に来ていると言ったのですが
とにかく問診してみないとそれらの検査は出来ないと言われた為、
もう既に健診でしたのと同じ血液検査をし、しかも肝心の腫瘍マーカーはスルーされてその検査項目がもれていた
という事が二度もありました
検査費用だけかかり目的の項目スルーで単なる徒労に終わったのです
おまけに超音波検査はまた別日となるので、一回目は無駄な?血液検査のため、二回目は検査結果をきくだけのため(腫瘍マーカースルーが判明し無駄骨だったと知る)、三回目は超音波検査のためだけに、四回目は超音波検査の結果きくためだけにバイトの休みをとらねばならない
とまあ、結局稽古やらで超音波検査までいけず仕舞いでした
もうさすがに怒ってカルテにしっかりと腫瘍マーカーと超音波検査のために来ているのだと書いておいてくださいとお願いしました

そのK病院の他の科でも猛烈に下手な技師さんで、マンモグラフィー検査の時に尋常でない痛みだったのでそれから左胸がずっと痛くて
このままでは検査を受ける方が具合悪くなるなという感じです
もうまたこの病院にわざわざ休みをとって頑張って行くの馬鹿らしくなってしまって

思い切って今日病院を変えてみた
街のお医者さん
行ったら、事情を聴いてすぐ(血液検査もしないで)超音波検査の日取りを決めてくれた
まずそれをして詳しく他の検査もするかどうか相談しましょうって

やっと人間の医師に会えた気がした

何より地元の街のお医者さんってちょっと心のよりどころになります

ありがたい

3月からずっと蕁麻疹が続いていて、まるでおばけのように出たり出なかったり
腸内改善で良くはなってきたけど完治はしない
昔、持病が発症してしんどかった頃は毎日痒みにも悩まされた
肝臓病が関係する痒みは薬も効かないため、しんどい長期戦です
抗アレルギー剤のフェキソフェナジン塩酸塩錠とステロイド剤のスチブロン軟膏を出してもらいました

これからゆるゆるとまた元気になれますように
体重も増やしていきたい


posted by asa at 00:39| Comment(0) | アレルギー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年05月28日

腸内改善19日目、20日目

毎日毎日野菜、豆類、海藻、穀物類、果物、お米食で
20日間食生活を送って来ました〜

ローフードの本やナチュラルハイジーンの本を読み
持っていた自分のマクロビの本も再読してみました

そうしたら何年前かに読んだ時には気に留めなかった事やレシピに目がとまったり
自分のしていた食生活が健康でないところがあったことをまた学びました
もちろん健康的な事を取り入れる食生活がある程度馴染んだために今回ローフードというあらたな門をひらいた感じです
だからといって、本の通りに生活できるかと言えばわかりません
意志も必要だし、それが良い、心地よいものでないとやはり続きません

ローフードなんてマニアックすぎると思っていました
今は少しずつでも取り入れるのは楽しいのだけど、やはりちょっと気を使います
しかも中途半端に取り入れても無意味なのかなぁとも思ったりしながらも
やってみると意外とこの方が楽なのかもとか、新たな組み合わせで食べてみたり、季節の野菜や果物を
前よりワクワク楽しみにしている自分がいます
シラカバアレルギーの交差反応で殆どの好きな果物がアウトなのに
アレルギーは出たり出なかったりするので本当に難しい
色々と試したり、自分の体の声を聞きながら、食べ物の生きた酵素の力にあらためて感謝したいと思います

今回の体調不良の目的は口の周りのアレルギーと手や腕や鎖骨の辺りの蕁麻疹やらアレルギーみたいなものを改善させる事でした
依然として手や腕が突如強烈に痒くなる事もありますが
口の周りもほぼ完治しました
まだ油断なりません

今回の学びはデトックスとまでいかずとも、ナチュラルハイジーンの基本の
摂取と消化の時間帯、吸収と利用の時間帯、排泄の時間帯という体のリズムをなんとなく実際の自分の生活と照らし合わせて
イメージやペースを掴めたことと、腸内改善生活を初めて14日目以降が本当のがんばり時という体感
やるなら1週間でやめたらもったいないという事

今は外出自粛もあり取組みやすかったけど、残業した日やストレスフルな仕事の日は何だかローフードやサラダを準備するより
普通の食事や外食がしたい気持ちになり、そこを頑張るべきかどうかが課題で、
もし次回やるとしたらそんな時も強い意志で強行すべきがどうかで違いが判るかもなと思いました

ローフードではナッツ類は一晩水に浸けなくてはなりません
そうすることで酸素抑制物質が解き放たれ酸性からアルカリ性になるだとか
発芽しない限り本当のアルカリ性にならないそうですが
酸性のままだと酸素抑制物質が腸内で粘膜を形成し、栄養の吸収を妨げるのです
アメリカで何千年も前の小麦の種が発見され、植えたら発芽したそうです
種は酸素抑制物質のおかげで年をとらないままの状態、つまりその種の栄養を使用不可能な状態に保つもの
それを発芽させると成長が始まるのです
何千年も年をとらないままで存在できるなんてすごいなと思いました
だから浸水せず、冬眠状態の使えない栄養のナッツを摂るのは栄養的価値は低くなってしまうのだとか

何だか気持ち悪い気もしたけれど浸水して乾いたナッツはなんとも素直な感じの味というか実に美味しくて
サラダ油を採らない代わりにたくさんのパワーになっている気がしました

なのでネットで生のくるみとカシューナッツを購入してしまった
アーモンドも折をみて有機の生のを購入しよう

さてこの腸内改善日記は一旦これにておしまい!
これからはランダムにまたひとりごとしていきます
自分の体調と初めてやってみたプラントベースの食事と体感を綴ってアレルギー反応をみつめていこうと思います!

とにかく日本の野菜や穀物、そしてお米、発酵食品、本当に大好きです
果物もこれからアレルギー体質ながらもお世話になりたい(食べたい)からまた健康になるようがんばる!
美味しい食材を育んで生産、供給くださる方々に、自然に、心から感謝です


posted by asa at 21:32| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年05月26日

腸内改善17日目、18日目

昨日月曜は朝甘酒、
昼はいつもの野菜穀類海藻と酵素玄米のお弁当、
夜は納豆など発酵食品とフルーツや野菜のサラダとくず豆腐、こんにゃく高野豆腐など

排出もまずまずですが、夜に腕の痒みが酷くなりました

思い出したのですが3年前位にデトックスした時も16日目位に好転反応か倦怠感など
一度体調悪くなって、それからが順調に排出されていったのです
今回はファスティングしていないのでデトックスの効率は悪いとは言え
毎晩飲んでいるプロアルギナインのおかげで痒みが出ても肌は元気になっています

てごわい口の周りの口角炎や食事後に出るアレルギー反応もだいぶ緩和されてきました

本日火曜は朝はバナナだけ
昼はいつものお弁当、夜は初めてローフードの本に載っていたレシピの
パワフルベリー・グリーン・スムージーを作りました

いきなりローフードの食事で大量のサラダを食べると消化不良となるらしく
スムージーから入るのが良いのだとか
くるみとカシューナッツとアーモンドもかなりな量、
清美みかんとミックスベリー、ブロッコリーや青菜、レタス、きゅうり、
そしてえごまの実を大匙1弱使いましたからハイカロリーだと思う

美味しかったし、かなり満腹
(他にスムージーにする前バナナと、おせんべいなども食べたけど)
そして今日はバイトで恨み辛みの激烈クレームに1時間以上も電話対応してヘロヘロで
ストレスで食欲減退しちゃってたから、ハイカロリー酵素ドリンクがちょうどよい

ベリーはシラカバアレルギーの交差反応対象食材だけど、今日は全くアレルギー反応なし

そして朝、日中、夜もお通じが良いです
やはり16日目以降からがホントの毒素排出に繋がっているのかも

5月25日に緊急事態宣言解除となり、明けて今日26日は心なしか
町の飲食店は開店している店も増えていて、人も多かった

劇場がまた開かれて、公演が開催されるとき
フェイスガードや間引いた客席なんだろうか
どうやって運営され、観劇するべきなんだろう、
新しい価値観とともに模索していくんだろうな

ぼっくすおふぃすで客演予定だった公演も本当なら今日が初日のはずでした
またいつの日か集える日が来ますように体を作ります
あとひといきがんばって、延長するかどうか判断します

posted by asa at 23:16| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする