2019年03月26日

そして涌いてくる

邏榊刀・貼_DSC0576.jpg

タテヨコ企画第36回公演『三人の姉妹たち』
遠いようで近い、近いようで遠い
「東京」と「大阪」の二都市公演 第二弾

全てのステージ終了いたしました。

大阪・東京で関わってくださった皆様に
心より厚く御礼申し上げます!

主宰・横田修が途中から入院してしまい
演出交代となり、演出上の指針は引き継がれ青木柳葉魚が頑張ったとは言え
本当に時間との闘いで、いつも以上に稽古が遅れており
蒼褪めるばかりでしたが、躊躇している場合もなく、
劇団員はじめ、坂口さん、久我さん、岩崎さん、小野寺さんからも精力的に意見を頂きながら
途中、演出の柳葉魚からは呆れられながらも、皆の作品をよくしたい、応えたい、皆と共にありたい
そんな思いで喰らいついて参りました
関係性が上手くとれず、ホームでありながらアウエィにいるような、
取調室で尋問でも受けているかのような負のループの中で自分自身を埋もれさせてしまったのが
特にいたたまれない失敗でした
現状をオープンにして、前に進みたいがために開示していた事が
まるで自分は悪くない、それは出来ない、しないと拒絶を謳っているかのうようにとられていたようです
全くそんなつもりはなく、あくまで前進する為、アプローチの過程で自分の状態を開示したのが足枷になりました

私を客演さんに説明する言葉も、私には違う感覚で説明されているような気持ちでした
でもそんな風にとられても仕方がないので飲み込み過ごすしかありません
そんな戸惑いと居場所の無さに余計要らぬ判断ミスも招くのと
もしかしたらもう皆とこうして関わってはいけないのかもしれないなと思う事もあり
最善を尽くしても自分が存在する事自体が申し訳ない気持ちでいっぱいになってしまいました
少しずつ、私は普通の人より老いも早くやって来ているような気がしています
縮んでいる、そんな感覚があります
西山くん演じる渡部の火事のシーンでの独白は毎回とても怖くなりました
自分はもう終わっている
それでも生きていかねばならない
その怖さと生きているという現実
生へ飛び込んで
また死にながら生きていくというか

毎ステージ、生きようと私なりに必死にいられたのは、本当に有難い事でした

現実の生活する私も
自己責任、好きなことをしてきた自分のせいだ

命ある限り生きていかねば

そして、どんな事も愉しんでいきたい

そんな気持ちです

公演終えて、色々とやりたい事が涌いてきてきます

ずっと忘れられない老夫婦の死、それをいつか、私なりに作品に出来ないかなぁと

それから、昨年のアーサー・ミラーに続いて今回はチェーホフに因んだ作品という事で

各名作をあらためて読み返し、今後もこうした名作戯曲を読む会を定期的に企てたいと思いました

あとね、他人の中の自己発見というか

メイクやファッションをコーディネートし合うワークショップなんかを遊び感覚でやりたいなと

それって、おじさん、おばさんにも良いと思いませんか

元気で愉しんで自然とつながり合っていける、毎回繋がらなくても

来られる時だけ、来たい時だけ、そんな楽しみ方が出来るのも良いと思うのです

今回のタテヨコ企画を観て、ターニングポイントだとか
円熟期だ、劇団としてノリに乗っているとか
チェーホフ名作オマージュにせず潔く新作としろとか
色々と賛否両論含めご意見、ご感想嬉しかったです

はい、タテヨコ企画は変わらないところと変わっていくところと当たり前ですが両方ですね

思いやりいっぱいの心の広さ、優しさ、明るさ、気丈さ、奥ゆかしさ、素敵な客演さんとスタッフ、

タテヨコ企画の面々に心の底からリスペクト、感謝です。

そしてご来場の皆様、ありがとうございました。
posted by asa at 15:52| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年02月04日

三人の姉妹たち

タテヨコ企画第36回公演
『三人の姉妹たち』
「東京」と「大阪」の二都市公演 第二弾!

ものがたり
父が死んで夢破れた長男が農家を継ぐと、迎えた妻が実家を豹変させ、果ては誰も居なくなってしまう。しかし三者三様の人生を生きる三姉妹はそんな ことには我関せず、好き勝手なことを話しているだけ。親は死に、子供は巣立ち、残された彼女達の向かう先は果たして?
チェーホフの四大戯曲の一つである「三人姉妹」をモチーフに、消えゆく家族、 消えゆく世代の叫びを描く。

◼️作・演出:横田修
◼️キャスト:
 市橋朝子、舘智子、西山竜一、向原徹、久行しのぶ(以上タテヨコ企画)
 岩崎正寛(演劇集団円)、小野寺亜希子(テアトル・エコー)、久我真希人(空観)、坂口修一、田村かなみ

【大阪公演】IKSALON表現者工房協力公演
公演日程:
◼️2019年3月2日(土)、3日(日)
 2日(土)14:00/18:00
 3日(日)14:00
  ※受付開始・開場は開演の30分前
  ※全回、ポストパフォーマンストークを開催します。詳細はタテヨコ企画HPをご覧ください。
◼️会場:
 IKSALON表現者工房(大阪市生野区生野東2丁目1-27寺田町延三ビル)
  JR大阪環状線寺田町北口から徒歩15分
  三菱東京UFJ銀行を右手に見て直進。
  生野本通アーケードを抜けソフトバンクの角を左へ徒歩3分。
◼️料金:
 前売/3,200円(日時指定・全席自由)
 当日/3,500円
 小・中・高校生500円  大学生・専門学生2,000円
 シルバー割引(65歳以上)3,000円
  *未就学児童の入場はお断りさせていただきます。

【東京公演】
公演日程:
◼️2019年3月14日(木)〜3月24日(日)
 14日(木)19:30
 15日(金)19:30
 16日(土)14:00◎/18:00◆
 17日(日)14:00◎/18:00◆
 18日(月)19:30
 19日(火)19:30
 20日(水)14:00☆/19:30
 21日(祝木)14:00
 22日(金)19:30
 23日(土)14:00/18:00
 24日(日)14:00

  ※ 受付開始・開場は開演の30分前
  ※ ◎=ママ・パパ観劇day(小さなお子様をお預かりいたします)
  ※ ☆=平日マチネ割引
  ※ ◆=ポストパフォーマンストークを開催します。詳細はタテヨコ企画HPをご覧ください。
  ※ 3月14日(木)〜18日(月)前半割引期間

◼️会場:小劇場楽園
    東京都世田谷区北沢2-10-18 藤和下北沢ハイタウンB棟 地下1F
    小田急線・京王井の頭線「下北沢駅」東口改札より徒歩7分
◼️料金:
 前売/3,500円(日時指定・全席自由)
 当日/3,800円 
 平日マチネ割引/3,200円
 前半割引/3,200円(3月14日(水)〜18日(月))
 小・中・高校生1,500円、大学生・専門学生2,500円
 シルバー割引(65歳以上)3,200円
  *未就学児童の入場はお断りさせていただきます

◼️ママ・パパ観劇day
 小さなお子さまを、上演中責任を持ってお預りします。安心して観劇をお楽しみ下さい。
  *定員になり次第締め切らせていただきますので、必ず事前にお問い合わせ下さい。
  [託児お申し込み] イベント託児・マザーズ 0120-788-222(お申込受付:月〜金曜 10:00〜12:00 13:00〜17:00)
   日時:3月16日(土)17日(日)14時の回  料金:¥500(チケット料金別)
 
公演チケットご予約はこちら
大阪公演

東京公演

上記予約フォームは市橋と面識なくともどなた様もご予約可能です

タテヨコ企画HP
http://tateyoko.com/


timeline_20190203_210558.jpg

timeline_20190203_210559.jpg
posted by asa at 23:16| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年01月12日

橋が出来る

2019年も迎え12日になりました
本年もどうぞよろしくお願いいたします

昨年1 1月に左手小指付け根を骨折して
ちょうど2カ月経過でレントゲンを撮ったら
折れた部分を繋ぐ橋となる骨が出来ているのが写ってました(^o^)
まだ中は空洞の部分もありますが橋で外濠を作って中に細胞が埋まっていくのだそうです


日々老化していくばかりと不安に思う事ばかりでしたが
ケガをしたとは言え
こうして自分の身体がきちんと再生出来ているのが目に見えて嬉しく思いました
しかも自分の骨を見るなんて無いことですしね(*^^*)

年末に大阪へタテヨコの横田の作品を観劇がてら行きました
ついでに京都の貴船神社と鞍馬寺を劇団員のしのぶと訪れ、楽しい旅でした!
ありがとう、しのぶ(≧◇≦)

元旦は家族と初詣をし、姉とQUEENの映画『ボヘミアンラプソディ』を観て
来たる新時代、きちんと自分を肯定出来るように安全に健康に楽しく努めようと思いました!

20190112124916417.jpg
posted by asa at 12:53| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月11日

超音波

小指付け根骨折して
今日は超音波治療とレントゲン

固定をもう外して良いことになって
次回から運動のリハビリ

付け根より第1、第2関節がまだ痛い
腫れてるしまだ内出血してる
こんなに時間かかる内出血初めてかも

転ばないように
これから、もっともっと用心します

さっきみぞれっぽい雨でした
寒いけどクリスマスの街並みがキレイですね
風邪にも気を付けます

  • 20181211185343200.jpg
posted by asa at 18:53| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

THANK YOU

『屋根の上のヴァイオリン弾き』公演終了

12月2日 Big Production 2018 “Fiddler on the Roof” の公演が無事終了しました!

ご来場下さった皆様、ありがとうございました!



YENTEという結婚仲介人のおばあちゃんをやらせていただき
10代20代の共演者に助けてもらいながら
とても心温まる座組での公演でした

45歳で初のミュージカル作品に関われてとてもうれしかったです

みんなのシーンや唄声がいつまでも繰り返し鳴り止まない感じです

元々唄うことも大好き

12月は音楽番組も多くて街もにぎやかですよね

本当は大好きな第九を聞きにサントリーホールへ行きたいですが!

MLSの英語劇は演じる内に英語力が身につく素晴らしいものです
何より喜びと感動がいつもあり、前へ前へと皆で引き上げる相乗効果のようなものもあり
とても楽しいです

年齢に関係なく、これから
MLSの大切にされている感動と感謝を私もいつも携えて
またがんばります!

posted by asa at 00:08| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月04日

英語ミュージカルに出演いたします

市橋朝子、客演情報
英語ミュージカルに初挑戦します!

MLS英語劇プロダクション部
2018年度Big Production公演
英語ミュージカル
「屋根の上のヴァイオリン弾き」
  Fiddler on the Roof

トニー賞 作品賞・脚本賞・楽曲賞他数々の賞を得た
ミュージカルの金字塔をMLSで上演します!
家族と民族の愛と絆、出会いと旅立ちの物語!
感動の名作をお見逃しなく!

2018年12月2日(日)
13:00〜/17:00〜(2回公演)
 ※開場は、それぞれ30分前です

入場料:¥2,000(当日)/¥1,800(前売り)
    ※金額はすべて消費税を含んでおります
    ※3歳以下のお子様のご入場はご遠慮ください

会場:赤羽会館
   東京都北区赤羽南1-13-1
   JR京浜東北線・埼京線・高崎線・宇都宮線「赤羽」駅 東口より徒歩5分
   交通アクセス:https://www.akabanekaikan.jp/access/

チケットは下記サイトよりお申込みいただけます
http://www.mls-etd.co.jp/fiddler.html

scan-001.jpg scan-002.jpg

この年齢でまさかミュージカルに挑戦するとは、思っていませんでした!
素晴らしい楽曲の数々
ぜひ1日限りの公演、ご覧いただけたら幸いです。
ご予約は私までご連絡くださいな〜!
ぜひぜひお待ちしております☆
posted by asa at 01:01| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月24日

タテヨコ企画第35回公演「美しい村」

utsukushiimura_omote_L.jpg


utsukushiimura_ura_L.jpg


タテヨコ企画第35回公演「美しい村」
  平成30年度(第73回)文化庁芸術祭参加公演


脚本: 柳井祥緒(十七戦地)
演出: 青木シシャモ


●キャスト:
市橋朝子 加藤和彦 舘智子 西山竜一 久行しのぶ(以上タテヨコ企画)
池田一開(劇団だるま座) 岩倉真彩(Theatre Ort/ヒラオカンパニー) 菊池豪(Peachboys)
霧島ロック(ここかしこの風) 久我真希人(空観) 坂本容志枝(ZORA)  田村かなみ 長尾長幸(劇26.25団)

●スタッフ:
照明/鈴村淳 音響/中村光彩 舞台美術/濱崎賢二(青年団)
宣伝美術/水主川緑 チラシ写真/神山靖弘
制作/古谷真弓 タテヨコ企画制作部 製作/タテヨコ企画

The other members/大塚あかね 舘野完 ちゅうり 服部健太郎 向原徹 遊佐絵里 好宮温太郎 主宰/横田修

協力/(株)エクリュ 空観 劇団だるま座 劇26.25団 ここかしこの風 Theatre Ort  十七戦地  ZORA チーズfilm (株)ナノスクエア Peachboys  ヒラオカンパニー

助成/ 平成30年度芸術文化振興基金助成 事業

●公演日程:
10月24日(水) 19:30
   25日(木) 15:00☆/19:30
   26日(金) 19:30
   27日(土) 15:00◎/19:00
   28日(日) 15:00
 ※ 受付開始は開演の1時間前、開場は開演の30分前
 ※ ◎=ママ・パパ観劇day(小さなお子様をお預かりいたします)
●会場: 小劇場B1
  東京都世田谷区北沢2-8-18 北沢タウンホール地下1階 03-6416-8281
  ■小田急線・京王井の頭線「下北沢駅」北口改札より徒歩10分
●料金: 前売/3,500円(日時指定・全席自由) 当日/3,800円
    平日マチネ割引/3,200円
    小・中・高校生/1,500円  大学生・専門学生/2,500円
    シルバー割引(65歳以上)/3,200円
 *未就学児童の入場はお断りさせていただきます。


前売開始日: 2018年9月23日(日)
 □ママ・パパ観劇day
 小さなお子さまを、上演中責任を持ってお預りします。安心して観劇をお楽しみ下さい。
 *定員になり次第締め切らせていただきますので、必ず事前にお問い合わせ下さい。
 ◆お申し込み イベント託児・マザーズ 0120-788-222
       (お申込受付:月〜金曜 10:00〜12:00 13:00〜17:00)
  日時:10月27日(日)15時の回  料金:500円(チケット料金別)


公演チケットご予約はこちらからどうぞ

https://www.quartet-online.net/ticket/tateyoko1810?m=0jjhegb

タテヨコ企画美しい村特設サイト
http://tateyoko.com/next/utsukusii/index.html

昨年の「戦争、買います」に引き続き柳井祥緒さんの脚本新作でお届けする
タテヨコ企画の演劇公演です。
演出は劇団員の青木シシャモ。
素敵な客演陣を迎えて、演出曰く「男あぶらを出せ!女あぶらを出せ!」と
もう何のことやらですね?
脂ぎって行こう!ギラギラしよう!
ってことかなと解釈してます

稽古場も日に日にホットになりつつ、なります!
ぜひとも、劇場へお越しくださいませ!!
心よりお待ちしております。 
posted by asa at 00:49| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年08月26日

プチクリーンデトックス

8/18の日付も19日に変わる頃、フレッシュフルーツの桃を半分食べてアナフィラキシーが出てしまい、
8/21から朝と夜は動物性たんぱく質を除いた普通食にし、夜だけプロテインとデトックス用のハーブ飲料を800mlでプチデトックスしています
徹底的なデトックスプランで本来ならした方が効率もよく、費用対効果も高いのですが
経済的理由で今出来る範囲でやろうと、先ずは実行!
以前トレーナーさんに色々と教わり、自分も一度クリーンデトックスを4週間やった経験があるので
何と何を摂るか、何となく当たりをつけながらのプチデトックス
健康はセルフコントロール、セルフプロデュースです

月曜から夜は毎日基本プロテインだけ
でもタテヨコ企画のミーティングの日は普通にみんなと居酒屋の美味しい物を食しましたが(*^^*)
ハーブ飲料が効いてきています

ゆるゆる、無理なく、でも実行!

あと今年は猛暑で、バイト中に忙しいのでついつい水分補給が不足がち
測定してもらったら血管年齢が随分高くなってしまっていました

昨日からお茶やコーヒーではなく、ミネラルウォーターか浄水器を通した水を意識的に飲むようにし、所定のハーブ飲料800ml
を飲みました
今朝、通常出ない水便が出て排毒されてきています

体力と、体重、筋力を落とさないように気を付けながらもう少し継続して
排毒していこうと思います٩(๑❛ᴗ❛๑)۶

今はデトックスの為のハーブ飲料を栄養として摂るのではなく消化の為に摂るので
動物性たんぱく質はなるべく摂りませんが

昨日は高円寺の阿波踊りのお祭りで
出店のから揚げザンギと抹茶ミルクかき氷を食べましたけどね(*^^*)

20180826125038502.jpg

20180826125049553.jpg



写真はアレルギー沙汰後に食したマクロビカフェのランチプレートとカレー

植物性たんぱく質は専ら大豆製品頼みです

今日ピアスをつけてみた
金属に反応しませんように!

元気になろぉ!
posted by asa at 12:56| Comment(0) | デトックス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年08月16日

2年半ぶり

出てしまいました

昨日夜遅く10:30から11:30位の間に夕飯
デ◯ーズでハンバーグと冷製パスタと桃のデザートを頂いた

バラ科の食材は桃、ストロベリーソースの苺

この組合せだとひょっとしたらバジルとアボカドもよろしくなかったかも

加熱していない調理法による発症の傾向

自転車で帰宅したら手のひらが赤く痒くなり、みるみると顔が赤くなり、悪心吐き気

一度目の嘔吐後、頭も熱くなり、脳しんとうを起こし倒れそうになり
恐怖心から救急車
声が枯れて、上手くしゃべれない
心拍や呼吸はそんなに酷くならないよう
落ち着いて連絡

電話を切った後お腹も胸も気持ち悪く
二度目の嘔吐

保険証などを確認して待つ
救急隊の方がすぐに電話をくださり色々と聴取されて、その内に到着

血圧体温など測定して車へ移動、受け入れ先はすぐに決まっていた
嘔吐でだいぶ楽になり真っ赤だった手のひらも治まってきた

抗ヒスタミン剤ポララミンを点滴して頂いた
アナフィラキシーになると血管が広がり水分が出てしまい脱水症状になりやすいらしい
血液検査から低カリウム症になってると言われ、お野菜を採りましょうと
日ごろから海草摂ってるしコーヒーもよく飲むけどアナフィラキシーになると一気にショック状態になってしまうのだろうか
とにかく不足しているとの事

口の渇きが半端ない

はあ(>_<)反省
だいぶ出てなかったので調子に乗った
昨日飲んだワインも身体に負担だったのだろう

バラ科のものは非常に多くて、それを全て食べないとなるとかなりキツい

また折をみてケアしないとだ
ひとまず安静
posted by asa at 10:01| Comment(0) | アレルギー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月28日

演劇🎭弱さと強さと

ご無沙汰しています
4月から新しい仕事が始まり
年齢と共に体力の厳しさも感じつつありのまま、演劇を軸に生活出来るように
元気にいたいと思います

16歳の仕事塾でのワークショップファシリテーターも再開し、難しさを感じつつ、義務感のプレッシャーを感じつつ
それよりも頑張る所を毎回見つける事がやっと出来るようになって来た気がします
ある程度は経験や慣れのようなものが私には必要で、良い意味で慣れて来たのかもしれません
もちろん毎回緊張しますけど!
こうして高校生の皆さんとの時間を持てるのは、何より演劇との関わりのおかげ

演劇を通して弱さと恥と孤独とで
何とか他者との接点を持って来られた賜物だと思う
時に弱者は転じて最強になり得る可能性がある事
当たり前だけどそんな事知る由もなかった
演劇はそんな弱者ばかりでは勿論ないし
本当に歓びも悲しみも紙一重で常に表裏一体と思う


そして数年前から小さな事務所のお子さまレッスンもお手伝いしていますが
これが少しずつ積み重なっているんです
大人でやって面白かったシアターゲームをそのまま小学生低学年から中学年の子ども達とやることもあります
どの遊びも楽しんでくれますが、演劇の基本中の基本というか
見ること
聞くこと
感じて伝えること
これらを上手くはいかなくても体験してみること
私なりに大切にして来たのが公演レッスンで具体的に話しが早く伝わるのが嬉しく、これからも子ども達と大切に共有してみたいなぁと思いました

今日は来月の公演レッスンのお手伝いで
何時ものレッスンではなく公演の台詞や所作を観てのレッスンでした
ただ振り付けを覚えて後は自由に考えて何をしても良いよ〜では
自由度が広すぎてモチベーションを上手く持ち得ない子達もいたので
具体的な想像と子ども達の身体が結びつくように
身体を動かして、お互いに目と目を合わせてみたり
台詞や動きが単なる振り付けになろうと
そこにいる子ども達が自分なりの楽しさを見つけられるように
たとえ今日だけの事になろうと、色々と想像を共有しながらやってみました
途中いつものレッスンの動きをやって
なぜいつものレッスンでそれをやるのか
少し繋がった子ども達もいるかもしれない
し、まだまだなのかもしれない
でも、きっと近付いてはいるなと信じられた

演劇って凄い

そしてもうすぐ私、45歳になる
そんな私ですが12月に英語劇でミュージカルに出演させて貰います
全く初挑戦、台本も楽譜も全て英語
こちらも小学生から20代までの子達を中心に、彼等の流暢な英語と歌声に驚かされながら
悪戦苦闘です

こんなご縁も、演劇のおかげ

所属劇団のタテヨコ企画も
また素敵な新作を目論んでいます
ゲスト出演くださる俳優さん達も近く発表しますよ!

写真は
あるサラリーマンの死のチラシ撮影の時のもの
カメラマン神山靖弘さんの写真でいつもお世話になってます


  • 20180527231132469.jpg
posted by asa at 00:26| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。