2017年10月18日

もう少しだけましな理由。

次回の市橋朝子、出演公演のお知らせです。

タテヨコ企画にご出演も頂き、散歩道楽とタテヨコ企画で共にコラボ公演もして頂いた

太田善也さんのユニット「クラゲズ」さんの記念すべき第1回公演に

出演いたします。

どうか、お見逃しなく。

よろしくお願いいたします。


o0550053014044026493.jpg


妹夫婦が訪ねたその家には、ある秘密があった−

しかし冒頭、始まってすぐに、

あなたはその秘密を知ることになる。

そんなことは、どうでもいいのだ。。。



クラゲズ Vol.1

「もう少しだけましな理由。」


2017/11/21(火)〜26(日)


作・演出 太田善也

出 演  安東桂吾、太田善也

     坂口候一(劇団一の会)、市橋朝子(タテヨコ企画)、武田優子

スタッフ 照明/上川真由美、舞台美術/田中敏恵、 音響/泉川萌生、
     テーマ曲/タカタタイスケ(PLECTRUM)

11/21(火) 19:00

   22(水) 19:00

   23(木) 14:00/19:00

   24(金) 19:00

   25(土) 14:00/19:00

   26(日) 14:00

  
場所:江古田ワンズスタジオ

   東京都練馬区旭丘1-10-10

   Google地図 https://goo.gl/maps/xkYZEhph2Fk

   ※西武池袋線 「江古田」駅南口を出て左、徒歩8分。道なり旭丘文化通り直進練馬総合病院を越した突き当り

   ※都営大江戸線「新江古田」駅A1、A2出口より徒歩14分。目白通りロイホ、どん亭でナナメ右へ。千川通り右折し味道苑を過ぎたら左折直進、練馬総合病院横


チケット 3000円(当日/前売共) ※全席自由

     チケット予約/お問合せ sanpodouraku@gmail.com
                                              ※備考に市橋扱いと添えてくださると幸いです


【クラゲズとは】

安東桂吾と太田善也の演劇ユニット。

2017年11月に第一回公演「もう少しだけましな理由。」を上演。



安東桂吾(あんどうけいご

役者

1994年、10年所属していた劇団昴を退団。

その後、マォーティーズインディアンを旗上げする。

現在はフリーで、散歩道楽、ドリームダン、BOCA BoccA、肯定座、東京Ne+wSなど小劇場を中心に活動。


太田善也(おおたよしなり)

脚本家/演出家/ときどき役者

1998年に散歩道楽を旗上げ。2014年に解散するまで全ての公演の台本と演出を担当。

劇団青年座や劇団朋友、モーニング娘。主演舞台やラフカット、映画「インターン!」、他にも作品提供、演出多数。


チケットはメールの他、市橋朝子のTwitterやFacebookでも承ります。
Twitter @asachangko

クラゲズチラシ最新.jpg


posted by asa at 18:51| Comment(1) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月07日

あらたに

_MG_0555A4.jpg

タテヨコ企画第33回公演「戦争、買います」
無事終演しました

個人的に色々とあって
長年勤めた職場も辞め
春に体質改善でデトックスをし
色々とはじめましてな自分の心と身体で
久々の俳優業

しかも柳井さんのち密な脚本
普段発語した事のないようなセリフも多々
主人公を支える奥さん役で
座組を引っぱらないとならないのに
色々と足を引っぱって迷惑ばかり

とにかく、出演者、
演出、スタッフ、サポートしてくれた劇団員

応援してくれた方々
観てくださった方々
心から感謝です

ありがとうございました!!

今回は表情や手ぶり身振りを今までより少し封印し
それでも煩かったり余分だったりしたかもしれませんが
お客さんが心地よいと思う部分を
目指してみました

今まで逃げて向かい合わなかったことに
挑戦させていただき
今後へのさらなる課題と深められるところへ繋げたいと思います

お芝居はやはりとてもとても愛しいです

おかげさまで、様々なご感想賜り
ほんの少し自分を取り戻したような
新たに獲得したような部分があります

それらを大切に
また良い舞台へ向かってがんばります

夏があっという間に過ぎ去ってしまってさみしいですが
楽しみもまたたくさんあります

また元気にお会いしたいと思います
posted by asa at 17:32| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月01日

作品力

タテヨコ企画 公演 『戦争、買います』
脚本 柳井祥緒(十七戦地)
演出 青木シシャモ

ただ今公演中です

タイトルやチラシからも吸引力があり
脚本力に支えられてます

でもタテヨコ企画の公演なので
どうしてもタテヨコっぽくなります(*^^*)

タテヨコっぽいって何ですかねぇ
でもあるのですよ
っぽさが

何だかあと4ステージなのですが、恋をしたばかりのような感覚と言うか
スタッフ、共演者、劇団員や
お客さま方々のおかげ
愛しい舞台です

ご来場心よりお待ちしています

https://t.co/29gmeiJMzl
タテヨコ企画 公演『戦争、買います』
新宿からは地下道でC5出口目の前です
新宿三丁目SPACE梟門
チケット予約フォーム https://t.co/8jzIJl0Ptj

20170901144003939.jpg

20170901144013057.jpg
posted by asa at 14:44| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月06日

買えないもの

暑中お見舞い申し上げます🍉
夏らしいことを楽しんでいらっしゃいますか?
私はスイカも食べず花火も見ず
稽古の日々です
久しぶりに出演いたします
ブランクがかなり響いていて色々とタジタジです
が!素敵な客演さん達との時間を色々と捏ねくり回し、相まみれてみたり、色々と胸を借りる気持ちで何かを見つけたいと思います

今回は人気の劇作家をお招きした作品で、いつものタテヨコ企画とはひと味違った舞台になりそうです!
ぜひぜひ、SPACE梟門へ足をお運びください。
いつもお世話になってる劇場の雑遊さんよりキャパが小さいので、ご予約はお早目に、
どうぞよろしくお願いします😃😃😃


タテヨコ企画第33回公演 
「戦争、買います」

《タテヨコ企画vs柳井祥緒(十七戦地)》
劇団初の外部脚本は劇作家・演出家・シナリオライターとして活躍中の柳井祥緒氏による新作書下ろし。
濃密な柳井ワールドにタテヨコ企画が戦いを挑む!

□ものがたり
2021年、夏。東京の町工場・水原製作所は岐路に立たされていた。
倒産か、資金繰りのために兵器部品の製造を引き受けるのか。
武器輸出解禁、自衛隊派遣、テロそして戦争。
東京オリンピック後のとある町工場を舞台に、世の中の流れに巻き込まれていく市井の人々を描いたフェイクドキュメンタリー論争劇!

脚本:柳井祥緒(十七戦地)
演出:青木シシャモ

キャスト:
市橋朝子 舘智子 西山竜一(以上タテヨコ企画) 
岩倉真彩 大久保洋太郎 椎名茸ノ介 瀧澤孝則(hustle mania) 長尾長幸(劇26.25団)

スタッフ:
照明/鈴村淳 音響/中村光彩 宣伝美術/水主川緑 チラシ写真/神山靖弘
制作/古谷真弓 タテヨコ企画制作部 製作/タテヨコ企画
The other members/大塚あかね 加藤和彦 舘野完 ちゅうり 服部健太郎 久行しのぶ 向原徹 遊佐絵里 好宮温太郎
主宰/横田修
協力/劇26.25団 sanpodouraku hustle mania (株)ナノスクエア 池林房・太田篤哉

公演日程:
2017年8月29日(火)〜9月3日(日)
 
8月29日(火)19:30
30日(水)19:30
31日(木)19:30
9月 1日(金)19:30
2日(土)18:00
3日(日)13:00◎/17:00

※ 受付開始・開場は開演の30分前
※ ◎=ママ・パパ観劇day(小さなお子様をお預かりいたします)

会場:SPACE 梟門(東京都新宿区新宿3-8-8新宿O・Tビル2F) 
■地下鉄 都営新宿線 新宿三丁目駅C5出口目の前
■東京メトロ丸ノ内線・副都心線 新宿三丁目駅 B2出口徒歩5分
■JR新宿駅 東口より徒歩10分

料金:
前売/3,200円(日時指定・全席自由) 当日/3,500円 
小・中・高校生/1,500円  大学生・専門学生/2,500円
*未就学児童の入場はお断りさせていただきます。

タテヨコ企画(http://tateyoko.com

チケット予約フォーム: https://www.quartet-online.net/ticket/tateyoko1708?m=0fgibjh

問合せ先:タテヨコ企画(information@tateyoko.com )

□ママ・パパ観劇day
小さなお子さまを、上演中責任を持ってお預りします。安心して観劇をお楽しみ下さい。
*定員になり次第締め切らせていただきますので、必ず事前にお問い合わせ下さい。
◆お申し込み イベント託児・マザーズ 0120-788-222 (お申込受付:月〜金曜 10:00〜12:00 13:00〜17:00)
日時:9月3日(日)13時の回
料金:500円(チケット料金別)

□舞台上でのワークショップ
「戦争、買います」のテキストを使い、実際の舞台の上でワークショップを行います。あなたも舞台に立ってお芝居してみませんか?演技経験不問です。是非ご参加ください。
ワークショップ日時:8月31日(木)14時〜16時、9月2日(土)13時〜15時 
料金:観劇された方/1,000円 ワークショップのみ/1,500円
定員:各回10名(2回とも同じ内容です。)
◆お申し込み タテヨコ企画 information@tateyoko.com までご連絡ください。

お金で買えないもの、
いくらお金をつまれても
そこに飲める水が売る程なかったら
売ってもくれない
地球で生きられない程汚染させて破壊してしまってはならないと思います
どこの地でも戦争に、なりませんように

20170806021022741.jpg
posted by asa at 02:25| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月10日

ゾロ目

タテヨコ劇団員達と誕生日を過ごしました

行きたかったタイ料理屋さんで
みんなから色々なスーパーフード、パワーフードやオーガニックなもの、生活をパワーアップする素敵なモノ頂いたり
人混みの中ケーキを持参してくれたり

ありがとう

長年お世話になった職場にはもうすぐさよならです
ワガママばかりで心苦しいですが、軌道修正しないとならない位になってしまったので
致し方ないです

沢山お世話になって、演劇活動をする私の生活の糧を得られるよう見守って指導くださり
有難い限り
教えて頂いた事や未熟な所は依然課題のまま
私の生活に掛かって来ると覚悟しながら
歩き出します

新しい生活を
社会人として演劇活動を継続していけるように
元気に元気に元気にいたい

どうにもならない小さな焔


  • 20170610005355431.jpg
posted by asa at 13:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月23日

デトックス2

デトックスする前に血管年齢測定してもらい
様々な問題がありました
血管年齢自体はマイナス2歳と実年齢より若いから良いかと思いきや
総合ストレス値があと少しで通院域でしたし
免疫力も低く、最悪はやはり肝機能でした

これは分かってはいたつもりですが
実際に数値であからさまになるとショックで
どおりで休もうが食生活気を付けようが
地味にずっとしんどいわけだなぁと

そこで肝機能改善効能のあるハーブ錠剤を朝昼晩
そして良質の栄養で固形物の消化負担を減らし
ハーブの酵素を腸にダイレクトに届けて
極力解毒していくのです
解毒イコール排泄物ですね
ハーブ飲料やプロテインと共に蒸留水も沢山採るなんて
嫌だなあと思ってましたが、錠剤もハーブ飲料も本当に自然の草木の感じで美味しくて
嫌なアレルギー反応も一切なくストレスありませんでした

寝る前にのむ様々なアミノ酸を多く含むハーブ飲料を800ml飲むと
翌朝どっと排泄するのです

こうして1週間で肌が光だし、きめ細かくツルツルになり
4週間目には髪もコシと艶が出て脆く薄かった爪も厚く強くなりました

私は色々と弱い部分があるので
ライトなデトックスですが
普通の人はもっとハーブ摂取量が多く2週間で終了するみたいです
デトックスすると血管が強くしなやかになるので
身体も柔らかくなります
ダンサーさんとか、足がより上がるようになってしまうお話をダンサーさん本人から伺いました

私はダンサーではないけど、これには共感
身体の可動域が少し増した感じで、瞼のたるみも改善して目が開くのと、進んだ老眼が少し改善した感じです

これで何十キロも痩身に成功例や
一生治らない様々な病気に長年悩み通院し続けている人達も
このデトックスで様々な改善がされているので
本当に凄いと思いました
私もかつて持病で通院しながらも
一切の薬治療をしないで感じた事を
今一度身をもって確信しました

このデトックスは様々な悩み、目的に合わせて
色々なアプローチが可能なので
本当に困った時にこんな選択肢もあるんだという事を
誰かが本当に必要とした時に取り入れてみる切っ掛けを
繋ぐことになるならば幸いです

そしてこれは病の人だけでなく
意識改革、自分をブラッシュアップしたい、
孤高の経営者や医療関係者、美容関係者
教育関係者、本当に様々な人が
それぞれの生き方や岐路に合わせて
多く利用されているようです

お医者さんの出す薬が治すものもありますが
自分の身体と意識を繋いで納得して目に見えて体感するデトックスを体験して
良かったです

そして最後の血管年齢測定では肝機能も免疫力も向上し、やっと正常値になりました
デトックスをしないまま栄養を採っても吸収出来なかったので
これからこの良い状態で肝臓さんも良い栄養を消化吸収してもらい
これから2か月かけて減った体重を戻し
軽く筋トレもしていこうと思います

またいつか必要になったら
デトックスを取り入れてセルフコントロールするかもしれません

トレーナーさんや、このデトックスに
心から感謝です

20170423190509794.jpg

豆腐ディップは温野菜のドレッシング代わりに頻繁利用
一度上新粉入りで作ったけど
それ以降は上新粉無しで加熱せず亜麻仁とオリーブ油、白味噌、塩、米酢で作ってました

20170423190601678.jpg

厚揚げ味噌あんかけ葛粉でとろみを出してます
温野菜、さつま芋レモン煮、ひじきのしょうが煮、納豆 毎日昼はこんな感じのお弁当
あ、この時は酵素玄米ではなく普通の玄米に北海道の黒豆入りでした

発酵食品はお弁当に難しいのですが納豆や味噌を駆使
休日に自宅でキムチを食べました

20170423191102603.jpg

低GIか判らないけどミューズリーが余ってたから少し乾煎りしてトッピングが美味しいと判明

生野菜と温野菜と果物をバランス良く摂ると
デトックスが促進されました

酵素玄米は水に漬けて発芽させてからといで炊くと良いと学びました

炭水化物抜きダイエットが流行ってますが私はお米ならある程度太らないと感じます
今や街は小麦食だらけ
痩身目的以外にお米や玄米は身体や美容に良いと実感です

それとよく噛むことがとても大切です

人は食べた物で出来ている

感謝して納得してよく噛んで美味しくて
それだけで幸せだなぁと

強い身体を作って皆さんと元気に笑えますように☆
posted by asa at 19:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

デトックス1

3/27から2週間、デトックス準備期間に入り
4/10から2週間、デトックスをしました

とは言え、上記4週間殆どやる事は同じ

朝昼晩と食前にハーブ錠剤2粒
朝と夜は大豆由来プロテイン
昼は普通食で毎日お弁当持参、休日は自宅でとり、
内容は酵素玄米、たまねぎ、人参、きのこ類、根菜類などの温野菜、青菜ものおひたし、グリーンリーフなど生野菜、豆腐類、ひじき煮など海草類、野菜のマクロビスープ冷凍常備、キムチ、味噌、納豆など発酵食品、じゃが芋やさつま芋をふかしたりしたもの、レモン煮、果物など
野菜果物、海草、植物性タンパク質、発酵食品を採っていました

午前と午後にグリーンのハーブドリンク500mlずつ
就寝前にシトラスのハーブドリンク800ml
基本的にお茶やコーヒー、も控えトリハロメタンを除いた水を使用していました

これを基本に、3週目からはハーブ錠剤セットを1日1袋追加、朝晩のプロテインを1.5倍量にして摂取していました

プロテインやハーブ錠剤、ハーブドリンク摂取の為に水を毎日3リットル以上飲むので
始めはミネラルウォーターを購入してたのですが買うのが大変で
トレーナーさんに相談したら近くに専用タンクを買えば無料の水をサービスしてるスーパーはありますか?と言われ、そう言えばうちの最寄りの24時間スーパーがそのサービスをしていました
今まで無関心だったので目もくれなかったのですが、無料で、重金属やトリハロメタン浄水した水が無料なんです
タンクは380円位でした
24時間スーパーなのでいつでも貰いに行けます

1週目はとにかく空腹感が凄くて、夕方過ぎて腹ペコでプロテインを飲んで
それから寝るまで空腹感とスタミナ切れで無気力になり、しんどくて堪らなかった
こんなにしんどいなら、お昼のお弁当量を増やそうと、今までのご飯の量より気持ち多め、温野菜も芋類などを増やし、満腹でも納豆も欠かさず摂りました
それでも夜になるとスタミナ切れになり、
女性ホルモンの周期的に減る頃にはヘロヘロになってました

で、本当はNGフードだけど
お煎餅や、アーモンドやくるみを間食に採って
あまりにも耐え難い時は冷凍しておいた豚肉塩麹漬けとか少量とって身体をデトックスに慣らしていきました

煎餅やナッツ、豚肉だって悪いものではないけど、デトックスの間は消化の為に酵素を沢山使用してしまうし、急に血糖値をあげるものも推奨されないのです

さて、なぜデトックスするか
それは人それぞれでしょうが
私は先ずこの何年かで溜め込んだ強いストレスも含む蓄積された疲れを除きたい
栄養を吸収し免疫力向上したい
年に一度位救急車沙汰を起こすアレルギー体質をどうにかしたい
そして痩せたくはない
という目的からでした

色々と健康上の悩みは長年持ちつつ
あれこれと模索して来ましたが
流石に何をしても取れない疲れや、増え続ける懸念事項に焦りを感じていました

色々と苦労した末に行き着いた私の答えは
腸内フローラをよくするとこ
痩せたくはないけど一度デトックスしてみよう
そんな気になりました

1年以上休んだ俳優業も、今年の夏から復帰する為に、忙しくない今から身体作りをという訳です

元々緩いけどマクロビなどもやっていた事もあり
動物性タンパク質、小麦、乳製品断ちはある程度経験済ですし
野菜が大好きで、マクロビで色々な野菜などでチーズを模したり、野菜やオートミールでハンバーグ風にしたりとか愉しくやれます
でも、やはり始めはスタミナ切れが激しく、燃費の悪い身体の私は特に生理前が大変な空腹感で辛かったです

徐々に身体が一食生活に慣れ、3週目からのハーブ錠剤セット補強がかなり良い効能を発揮、スタミナ切れは解消しました

私は病院で処方される錠剤のカプセルコーティング剤などにアレルギーを起す可能性もあるのですが
デトックス用のハーブ類、プロテインは厳選された素材製法で完全オーガニック、全て一度もアレルギー反応無く摂取出来ました
身体に拒否反応無く、負担がないのは本当に体感できたので、続ける事が出来ました
先ず、これはそんじょそこらのモノとは違うのね、を実感させられました
posted by asa at 00:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月26日

入れ替え

20170326002038780.jpg

先日スパイスの効能で暖まるチャイを飲みながら

20170326002147118.jpg

オーガニックのグリル野菜、香草焼き魚をいただきながら

自分の仕事に夢とやり甲斐をもって取り組む元気な友人の話しを聞いて
私も新たな価値観を得そうな予感

昨年の夏に風邪をきっかけに薬疹も出るなど
アレルギー症状の新たな悪いモノも増えてしまい
体力をつけるため色々と休止しながら頑張って来ましたが
疲れやすさ、体調不安定さは相変わらずで
それどころか不安要素が増すばかり

色々な健康法、食生活の配慮などを試したり
医師や病院との日々、昔の沖縄での療養期間など
全ての経験や体感を振り返り
私の結論はある二つのキーワードに辿り着きました

その上で今回出会った友人に色々と相談しながら
ちょっとストイックな体質改善期間に入ります
先ずは普通の人のようにいきなり試す事は出来ないので
少し準備期間を設けて身体を整えます

それはこれから身を以て体感してから
また報告します

20170326002458196.jpg

ワークショップファシリテーターの経験は
だいぶ重ねさせて頂いているのに
何だか未だ未だ至らぬ自分に反省の日々

振り返りながら
もう少しどうにか良い時間を届けるようになりたいという想いが強まっています
反省を生かさないとね

ファシリテーターで伊豆大島へ初めて行きましたが
こんなに良いアクセスなら
また夏に訪れてみたいなぁと思いました

大好きな椿も1000種類もあって
大島産のノーワックス檸檬と夏みかんも買ってしまいました

20170326004431635.jpg

20170326004447285.jpg

20170326004546186.jpg

ありがとう、島の恵みと元気

さてさてこれからの体質改善
これまで以上のストイックな食生活は
私も思った以上に戸惑いがありますが
色々と長年の私の事情があるので
ここはひとつ前向きに取り組んでみようと思います

新しい事や価値観は
要らないモノを出さないと入って来ないから
心も身体も入れ替える時期になっているみたいです

不思議と
「私はどうしてこの人と知り合いなのだ?」
「私はなぜここにいるのだ?」
と思うことの多い人生のような気がする

どれもこれも家族、友人、知人のおかげ

今必要な事が自然に来るので
拒まないで自然に取り入れてみようと思います

好転反応で一見悪化するかもしれませんが
悪いモノを出してとにかく吸収出来る身体を作ります

そして長年、というか
ずっと逃げ腰な事に
もう少し向かい合ってみます

こんな年齢だけど、
アップデートの必要性がある

心、意識の変化は行動を変えるのか
まだ履けるけど
履き心地の合わない靴を二足棄てました

もっと自分に責任を持とう
posted by asa at 01:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月07日

確信

タテヨコ企画第32回公演
ムラムラギッチョンチョン
全日程終了しました

今回は個人的に色々と厳しい背景ながら
出来るだけ稽古場に足を運び
出来る範囲で稽古場をホールドしようと
携わって来ました
作品の完成形パズルの一つのピースか、
台紙の一端にさせてもらえたかなぁ
と思います

いつからか助成金の申請担当者になり
自分は作家演出家でもないにも関わらず、企画を立ち上げるに当たり様々な事を考えるようになりました
以前青学の社会人講座で学んだワークショップ育成プログラムを修了し
その後少しずつ重ねたファシリテーターとしての経験を
今回はタテヨコ企画の劇団員として生かせる事も出来たかなぁと思います

タテヨコ企画の作品は色々な可能性があるし
それは台本の字面だけでは当面追い切れません
複数人の役者がその未知数を越えようとすると
一人の解釈を超越したものになり得るのだと
そしてそれはまた稽古場を出て
劇場という時空間でお客様に受け止められて
また私達の意図から更に超越していくのだと
私は新たに確信させられたように思います

稽古場で役者達が嬉々として
役に愉しむ姿は
台本を越えて何処までも行ってしまうかのような
高揚感とエネルギーを感じました

一人の勇気が螺旋上に様々な人の勇気になり
希望になり愉しみになる
稽古場でいかに何を共有するか
その繊細さ、愉しさをあらためて思います

色々と至らぬ事も多く
反省点も多々ありますが
本当に心から感謝の気持ちです
ありがとうございました!!

次回は横田の作品ではなく
作家を劇団十七戦地の柳井祥緒氏に依頼し
青木シシャモ演出で
タテヨコ企画の第33回公演として公演を打ちます

そちらには私も久々に俳優として出演します

そして今年秋のとある公演には兼ねてから片想いしていた
大好きな作演出家からラブレター頂き有難い限り

色々と不思議な歯車が回っているようで
とても恐いけれど新しい一歩を
踏み出す時が来ています

身体さえ元気なら
関わりを道しるべに
勇気を以て歩み出せる
そう信じて
先ずは元気٩(๑❛ᴗ❛๑)۶
posted by asa at 23:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月19日

ムラムラギッチョンチョン2017

muramuragi_omoteOL.jpg


muramuragi_uraOL.jpg


ご無沙汰しております!

所属劇団の本公演が近付いて来ました

お坊さんシリーズで10年前に上演した作品を青木シシャモが演出します

魅力的な客演さんたちが活き活きと魅惑的です

私は出演しませんが毎日劇場におりますので

ぜひぜひお越しくださいませ٩(๑❛ᴗ❛๑)۶


タテヨコ企画第32回公演

『ムラムラギッチョンチョン』


作:横田修+青木シシャモ


演出:青木シシャモ


キャスト:舘智子 西山竜一 久行しのぶ (以上タテヨコ企画)

石塚義 牛水里美(黒色綺譚カナリア派) 加藤和彦 

久我真希人(ヒンドゥー五千回) 麗哲也 椎名茸ノ介 

そぎたにそぎ助(みどり人)  津田タカシゲ 

西村優駿(the pillow talk) 福永理未 元尾裕介(カムカムミニキーナ)


スタッフ:照明/鈴村淳 音響/中村光彩・日影可奈子 

舞台美術/濱崎賢二(青年団)

宣伝美術/水主川緑 チラシ写真/神山靖弘

制作/古谷真弓 タテヨコ企画制作部 製作/タテヨコ企画


The other members/市橋朝子 大塚あかね 舘野完 ちゅうり 服部健太郎 向原徹

  好宮温太郎 遊佐絵里

協力/ イマジネイション カムカムミニキーナ 黒色綺譚カナリア派

  the pillow talk 青年団 ヒンドゥー五千回 みどり人

 (株)ナノスクエア リベルタ 池林房・太田篤哉


公演日程:

3月1日(水)  19:30

  2日(木)  15:00◎☆/19:30

  3日(金)  19:30

  4日(土)  15:00/19:00

  5日(日)  15:00

※ 受付開始は開演の40分前、開場は開演の20分前

※ ◎=ママ・パパ観劇day(小さなお子様をお預かりいたします)

※ ☆=平日マチネ割引


会場:

SPACE雑遊(東京都新宿区新宿3-8-8新宿O・TビルB1F) 

■地下鉄 都営新宿線 新宿三丁目駅C5出口目の前

■JR新宿駅 東口より徒歩10分


料金:

前売/3,500円(日時指定・全席自由) 当日/3,800円 

平日マチネ割引/3,200円

小・中・高校生1,500円  大学生・専門学生2,500円

*未就学児童の入場はお断りさせていただきます。


チケット予約フォーム


※フォームは市橋朝子専用とありますが市橋と面識の無い方もご予約頂けます


□ママ・パパ観劇day

 小さなお子さまを、上演中責任を持ってお預りします。安心して観劇をお楽しみ下さい。

 *定員になり次第締め切らせていただきますので、必ず事前にお問い合わせ下さい。

 ◆お申し込み イベント託児・マザーズ 0120-788-222 

       (お申込受付:月〜金曜 10:00〜12:00 13:00〜17:00)

 日時:3月2日(木)15時の回  料金:¥500(チケット料金別)
posted by asa at 12:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする