2009年07月16日

赤色エレジー

stage10285_1.gif

Project Natter(プロジェクトナッター)
「赤色エレジー」

作◎別役 実  演出◎ペーター・ゲスナー

プロデューサー◎綿貫 凛

2009.7.15(水)〜22(水) ザ・スズナリ


今から13年前初めて読んで、ワークショップで少し稽古もしたこの作品

今回初めて舞台で観ることが叶いました

いろいろな意味で感慨深く、感動しました

主人公の男1を演じる寺十吾さん、女1の小山萌子さんの

2人のアパートでのシーンがそれはそれは素敵で

心わしずかみでした

主人公男1のような男が実は世の中にはたくさんいるんだ

殊に演劇界にはこういう人がたーっくさんいるのだと

20代前半でこの戯曲に触れ、以来事あるごとにこの作品が指標のように思い返されました

いやだ

いやだ

いやだ

いやねぇ

でも大好き

みたいな感じを行きつ戻りつするみたいで愛しい気分になります

とにかく演劇!

アフタートークはペーターさん、あがた森魚さん、寺十さん、綿貫さんによるお話しと

なんといってもあがた森魚さんによる生歌「赤色エレジー」、素敵でした

林静一さんの漫画もロビーで販売されていました

とてもモダンな印象で私にとってはプチ温故知新でした

そして瓜生さんにも久々に御目文字できまして☆

やはり素敵なのです

posted by asa at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 観賞しました | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック