2014年10月19日

会いたい人

EFBA2982-7979-43DC-92CD-1E1F3C8CA183.jpg

百年待ってる

そんな約束をしてしまえる人が在ったのではないか

そんな漱石が実在したのかも

大好きな菅間馬鈴薯堂の夏目漱石シリーズ

台所を舞台に史実やノンフィクションを元にドラマを第一に語りたいわけもなく

ドラマや演劇の外側にぼうっと立ち昇る狐火のようなものを描きたいというような趣旨を仰る菅間さん

手痛いダメが続いてしんどかった

濃くなれない現実

何とも繋がれない現実

リアリティもへったくれもやはり信じられない私という現実

しかし痛みを経てやはり獲得するものはあるわけで

それは繫がりを生む

お馴染み出演者も初登場者も熟練先輩俳優陣もみんな
自分のすべきことに嬉々と向かい
その小ささというか
貧しさとでもいう豊かさは
とても素敵です

今回はかつてのシリーズのように作り込みません
でも今迄にないシーンがあると思います

とても素敵

お馴染みのシーンもあり

これを簡単につまんないと言ってしまう現代人と
そのお馴染みシーンから何かを見出そうとする人と
両方いるだろう

私は絶対カットしないで欲しいし
そのお約束お馴染みもやって欲しい

誰でもいいから刺したかったと通り魔せずにいられなくなった人や

どうせ自分は自殺するだろうからイスラム国に入って戦争したいと言った大学生とか

刺したり
戦争をする前に

私らを観に来てよ

こんなしょうもないことも
簡単じゃないし
在ることが難しく

とてもとても愛しいです

ぜひぜひ11/6〜10まで上野ストアハウスにて上演

菅間馬鈴薯堂 公演
「幻の女(ひと)」

お楽しみに︎

322D3FFE-E99A-4B1F-9B86-20F19E31FE45.jpg

posted by asa at 01:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/407360905
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック