2016年02月13日

約2年半ぶり

すアレルギーが出ました

小さなのはちょこちょこありましたが

2/10 午前1時
ベースとして酷い身体の疲労がありました

身体に力が入らないので塩分不足かもと思い、疲れをとる意味で寝る前に梅干しを一粒食べて寝ました
その5分後位から目の痒み、瞼の腫れ、顔と頭が熱くなる感じ、唇の腫れ、脇の下などのデリケートな部分の痒み、おでこや鼻の脇の赤味、顔全体が赤くなり、
手のひらが赤くなりピリピリ刺激、足の刺激に身体が震える程の不快です

私の血圧は普段上が60代下が40代と低い
大体いつもアナフィラキシーの時は150代に上昇するので
アドレナリン注射は向かないらしい

腹痛や吐き気を起こさないよう、平常心を保ち
またちょっと掻いてしまうと一気に広がるので極力掻かないように待機
呼吸もコントロールしました
こういう時は極力動かない方がいいのです
動くとミックスされるみたいな感じです
そっとして抗アレルギー剤投与が一番です

落ち着いて救急車を待ち受け入れ先を決める間、血圧と脈拍も普通で発疹も確認されず軽視されてしまい
救急車を降りてタクシーで来いと病院
しかも深夜料金だし薬も1日分しか出せないそれでも良いならと言いつつ
明日の朝にでも普通に外来で薬をもらえと言うのです
救急隊も閉口、他の病院探してあげようか?と私に確認してくれましたが
何だか死ぬ程の緊急性は高くないのに救急車を使うなんてモラルに反してると言われているみたいで急にそちらの不安で一杯になり
大丈夫なので降りますと救急車を降りるサインをして降りました

しかし自宅に着いて一息したら一気に発疹が出て来てやはり顔は真っ赤
四肢、背中、腰と発疹が地図状になりました
特に手は指先から肩にかけて痒かった

いつも点滴をして楽になるので
タクシーで病院へ向い、着いてからもまた待たされ、
症状の出始めから2時間半後、やっと先生に診てもらうと、もう顔の赤味はなかったし、手と腰を見ただけで全身症状ではないという理由から
点滴はしてくれないと言うのでした

ザイザル一錠だけもらい
その場で飲んでまたタクシーで帰宅し
睡眠をとりました
朝になったら発疹は嘘のようになくなっていましたが、顔の浮腫、全身倦怠感、少しの吐き気で午前中仕事を休ませてもらった

一番初めの症状からを全部診てもらったら全身症状でした
血圧低下の意識障害は起こさないショック状態ではなくともアナフィラキシーですし
毎回大丈夫とは言えないらしく
やはり深夜にタクシーで自分で行くとしても点滴を断られるような事にならないよう、躊躇わず迅速に動こうと思います
医師は、大丈夫だろうと見越しても
私には一度の事が命取りになる可能性が無いわけではないとアレルギー科の先生に言われました

しかしその医師は酷いですね、大変でしたねと言われて驚きました
深夜に診てもらった先生はアレルギー学会の方
色々とわかってると思うんですがあの先生
はなぜあんなに冷酷なんだろう
たとえ命を落とす重篤でなくとも極端な症状であり、とても不快な事を知らないのかしら?朝まで我慢しろと?

なぜこうも先生によって違うのかしら
病院の院長宛に今後の他の人の為にも手紙を書いた方がいいとアレルギー科の先生に言われました
私も足はジーパンで脱ぐのが嫌だったし聞かれなかったので見せなかったのと、救急隊にやけに平気なフリをしてしまったのが悪かった
あとは、粘膜系の症状が一番の不快なのだけどそれを男性の救急隊に伝えられなかったことも反省

いつも食べている梅干しは市販品ではなく実家近所の手作りのもの
私はアレルギー検査では主にシラカバアレルギーが一番出ていました
シラカバアレルギーとバラ科の植物は合わせて反応してしまう事が多いらしく
今回の梅干しもバラ科でした

バラ科の食べ物
リンゴ・梨・梅・アーモンド・ビワ・イチゴ・サクランボ・モモ・スモモ・杏、ブラジルナッツ・ピーナッツ・ココナッツ・セロリ・キウイ・オレンジ・

香辛料
マスタード・パプリカ・コリアンダー・キャラウェイ・フェンネル・唐辛子・白胡麻


だそうです

私の傾向ですが

普段は大丈夫でも疲れている時に出る
調理されていないもの、生に近いもの、単体でシンプルにそのものを摂る事が起因となるケースが多いみたい

単体のシンプルな粗食を心がけるというアドバイスの一方で、バラ科の食品に関しては単体でシンプルに摂るのはリスキーな傾向があるみたいです

今まで一度も出た事ない物でも
突然出たりするし、わけがわからない

とにかく忙しくし過ぎない事

コンビニの物を摂らない事が目標なのですが忙しい時はどうしても忙しくて徹底するのは難しい!
でもがんばらなきゃねぇ
もう同じように活動してちゃダメなんだよね…考えます

この2年半、救急車を呼ばずに来れたんだけどなぁ
お守りがてらアレジオン錠を貰いました

深夜対応の自宅周辺の病院を再確認
東京都保健医療情報センターひまわりのホームページからも調べたけど、実際欲しい情報は検索しずらかった
これ、前もあったな
他の機関だろうけど24時間対応のとこに電話したら音声案内聞こえて具合悪い時にひとり検索してままならずだった

深夜対応の病院に自分で行く
アレルギーの全身症状を説明して速やかに処置をお願いする

そして一番は出ないようにする

とにかく食べ物、運動後、太陽の光などなど原因がわからない、その時々によるアレルギーなんて厄介ですが
傾向やパターンをひたすら蓄積、自分なりにアレルギー科の先生と分析していきます





posted by asa at 12:41| Comment(0) | TrackBack(0) | アレルギー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/433761668
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック