2016年07月10日

無事に

352CE63E-2933-4E44-95ED-49BCE2DA124F.jpg

6/24に入院した母が今日無事に退院しました
心配していた術後の検査結果も問題なく
ホッと安堵

父と母を迎えに行き、
実家に帰宅した途端、父は張っていた気持ちが緩みドッと疲れが出て来たみたいです

母の留守中、ひとりで母の見舞いや洗濯掃除、ネコのエサやり、植木の水やりなど
色々頑張ってました

母も大変な手術を乗り切って
一度も弱音吐かず常に前向きな姿勢で
みるみる回復していっています

あらためて病気というのは
同じ病気でも患部の場所やその人の持病や体質、免疫力など色々と絡み
難しいなぁと思います
わからないからと言って全て医者のせいにするのも少し違うと感じる部分もあり
ある程度は自分で決めて納得して前向きな姿勢で向かうのが大切なのではないかなと
あらためて思わされました

幸か不幸か、私も母も病気は初めての事でなく、その辺のタフさ心構えはあるものの
やはり病院や先生との出会いは大切です
精神が左右しますからね
かなり大きいです

手術が終わった直後まだ麻酔の影響で目の焦点も合わないような真っ白な顔と冷たい手足で母が言ったのは
「あの先生とこの病院で私はラッキーだったわね」
です
大変な神経痛と手足の冷えを訴えながら
そんな言葉を言ったのは
自分に前向きな姿勢を鼓舞する意味もあったのかもしれないけど
本当に良い方々だと母が信じることが出来たおかげです
医療従事者の方々は本当に大変なお仕事だなと思います
あらためて母のお世話になった方々に感謝の気持ちです

帰宅して私も参院選に投票へ行き
食材を買い自分の洗濯をした

やはり両親には元気でいて欲しいな


posted by asa at 21:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック