2016年07月18日

これから

金曜の夜に薬疹に気付いて
土曜の朝クリニックに行きましたが
金、土日と痒み地獄でした
月曜現在、痒みが治まり、足の細い無数の醜い発疹が消えない。
アレルギーが出やすい状態を脱しておらずまだダシ粉や油、動物性を避けての食事ですがその食事にすら多少なりとも反応してしまいます。

今回の私の場合の話ですが記録しておきます。
アナフィラキシーと違うのは
粘膜系の痒みはなく
皮膚のみの強烈な痒みです。
発疹は小豆大のものから拡がって
大きさはゴマより細かくなりプツプツ鋭い尖った水疱と赤味を伴う痒さになり、皮膚から発疹がいつまでも消えません。
抗アレルギー剤を飲んでも繰り返し痒みが来て、部分的に痒みが悪化してから少しずつ沈着するみたいでした。
そう、良くなる前に1度ウワーンと痒みが猛威を奮うみたいでした。
そして痒みが治まっても特に太ももから足、足首、足の甲の細かい無数の発疹がいつまでも消えません。

アナフィラキシーは粘膜系皮膚の両方を伴うのたうち回る位の強烈な痒みと不快感です。
これまでアナフィラキシー処置時は抗アレルギー剤点滴投与と安静で半日ほどで痒みは消えて皮膚表面も嘘のように発疹が消えます。
ただし、1度アナフィラキシー処置後身体がフワフワするような、背中に砂袋でも背負っているかのようなダルさを感じ、回復させるまで一、二週間かかります。

抗アレルギー剤のセレスタミン配合錠を1日3回食後に服用。
アレジオン錠を1日1錠服用で
3日目に入ります。

こんなに抗アレルギー剤を服用し続けた事はないのでそれも注意。
セレスタミンは服用すると少し眠気と頭がハッキリしない感じがします。

アレルギーの時は動いたり力仕事したりすると痒みが拡がってしまう感じなので
安静にした方がいいです。

1度アレルギースイッチが入るとホントに細胞がヒステリー状態というか色々反応してしまうみたいで
私のようなアレルゲン特定出来ない人には何が良くて何が悪いかはわからない。
ただ、自作のマクロビスープに市販のカレールーを混ぜたモノはアウトだった 。
油っこいのはやはりダメです。

サツマイモ、玄米、食パン、豆腐は多分私は無反応で大丈夫。
味気ないど豆腐に醤油を少しであとは何もつけずに食した。
加工食品や乳製品も避けて
白湯を沢山飲みました。

加工食品は添加物が多いのと、乳製品は私はアレルギー反応が無くとも細胞の通気性のような物を考慮して経験上こういう時は控えます。

咳風邪に端を発した今回の薬疹
ウチ2種は薬手帳からかつて服用経験のあるものでその時は何も無かった。
アレルゲン特定不可能の薬のコーティング剤による薬疹も視野に入れて
これからまた薬疹のリスクも考えて日々を過ごして行く。

風邪程度なら自宅安静でなんとか乗り切るも
重病になったり
手術が必要な時に
薬や麻酔に反応してしまったらどうなるんだろう。
まあ、その辺はそうなった時にお医者さんにお任せするしかないけど
そうなった時にはもう遅いなんて事もあるなと少し考えておく。

アレルギー検査をもっとしなくてはならないのかもしれない。
とりあえずアレルギー科の先生にも報告がてら相談しに行こう。

ひとりで暮らしてアレルギー持ちだと
突如地獄になった時に
自分でタクシーで駆けつける事の出来る病院を壁に書いて貼っておく、携帯に入れておくのが大事です。
ホントに緊急は救急車です。

救急隊が家に入れるように鍵をしないで寝ないとね。
なんて酷い時は独りもんはそれも考慮。

あとは凄い量の発疹が消えるように処置しつつ、
徐々に体力、免疫力アップして行きたいです。

そう、公演の予定などがない事も大きく作用してるのだと思う。
それがなくとも、こんな情け無い状態にならないようにがんばろう。
posted by asa at 12:15| Comment(0) | TrackBack(0) | アレルギー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/440160508
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック