2020年06月06日

健康日記2

IMG_20200606_081038.jpg

今日は私の誕生日

最近ナチュラルハイジーンとローフードの本を読んで以来
試しに朝はフルーツだけの朝食にしています(今日は清見みかん、キウイフルーツ、さくらんぼ)

ポイントは好きな生のフルーツを好きなだけ食べる(本には結構大量な量を書いてある)
ヨーグルトやナッツなど身体によくても混ぜずフルーツだけを採る
なぜかというと朝4時〜正午までは排出の時間帯で体内の老廃物や食べた物などを効率よく排出する為です
他の物と合わせると消化酵素にエネルギーが使われてしまうため負担にならないようにです
ですが注意も必要
酸味系の柑橘類、酸っぱい果物、プラム、オレンジ、パイナップルと
バナナ、プルーン、ドライフルーツ、いちぢく等の甘い系果物とは合わせない
酸が甘い系の消化酵素の働きを妨げるそうです

ニュートラルな位置付けのやや酸味のあるフルーツはリンゴ、梨、さくらんぼ、桃、葡萄、パパイヤ、マンゴー
との事なので、酸味系か甘い系かでまず2品位を選んでニュートラルな果物を足す感じです
でもお、、、フルーツ高いし調達も皮をむくのも大変だよお、、、と思うときは無理しません
なのでフルーツの在庫状況によっては豆乳ヨーグルトときなこなどをトッピングしたりして共に食しています

これまでなんちゃってマクロビなどをやり、身体に良い食材は食していましたが
ローフードの本を読むと肉魚と穀類や豆類を一緒に食べたりと、悪い食べ合わせとかも関係していたのだなぁと色々と気づきがあります
まずは火を入れる調理法がやはり基本として長年してたわけです、加熱したものは酵素が死んでしまい
死んだものを食べるという概念が(全く栄養がなくなるわけではないし、食物繊維はとれますが)
3か月もの間、毎日痒みや肌の不調に悩むと無視出来なくなる部分もあります
火を入れて調理を止める事はないでしょうが、少しは意識してローフードで生きた酵素を摂り、
栄養をきちんと作用されるよう酵素に仕事してもらえるように、食べるものと食す時間を学びながらやってみます

今回の腸内改善でゆるゆるとプロアルギナインとハーバルDTだけでどこまで体調不良改善出来るか
大体判ってきました
結果、やはりプロテインも購入し一緒に摂っていた方が効率よくデトックスも出来て
かつ時短、コスパも良かったなと
でも今回は緊急事態宣言もあり外出自粛で色々と時間もあったので今後の食生活も見据えて
あえてデトックスのハーブドリンクと自分の日常の食事の兼ね合いを試したかったのです

次回もしまたこんな体調不良に陥ったら高額であろうとさっくりとプロテインも合わせてお世話になろうと思います

さて正午から20時までは摂取と消化の時間帯です
食べる事と食べた物の消化にあてる時間、
緊急事態宣言解除になって地元のカルディも営業再開したので行ってみよう

亜麻仁油とディルとヒハツを買って、花屋さんでローズマリーを購入する!

IMG_20200606_084316.jpg

あえて、誕生日ポートレート、化粧していて気付いたけど、プロアルギのせいか血流よくなってるんだと思う
髪の毛のトップ分け目部分の禿げが良くなっている(増毛してる)
おかげさま口元も腕も鎖骨もツルツルになってきました!
これから老化の一途なのだと思うばかりでしたが、ちゃんと身体は応えようとしてくれています
シラカバアレルギーの交差反応も出なくなってきたのでさくらんぼも食べてます

それから大切なふたりの友に誕生日を祝ってもらい元気倍増できたのです
ありがとう、幸せ者です

posted by asa at 09:56| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: