2016年05月08日

フィット感


EEB8B4F5-D53E-459F-80DD-4ABD07562305.jpg

連休最後の観劇して神楽坂を歩いた

お気に入りのお店や
気になるお店がいっぱい
連休最後に何かケーキかジェラードでも食べようかと思いましたが
お腹すいてしまって
空きっ腹に甘いものはどうも手が伸びず
素通り素通り(´Д` )

ああいつか必ず行きたいぃ

と、なにやら蔦の絡まるお店が
小麦マンヂウカフェとやらがありました
テイクアウトだけも出来るみたいで
早速ヨモギにチーズをパクリ
ほんのり甘いヨモギ蒸しパンにチーズが
美味しくてペロリ
薄暗い古民家の店内も気になるなぁ

マンヂウカフェ ムギマル2



さてさて、石畳みの小道や階段を無駄に登ったり
独り者ではとても入り辛いお店を横目に
あちこち歩き

フランス人が好きそうなカフェバーみたいなサロンみたいなレストランで
そんなに高くもなかったし
1人で入ろうかと迷いつつ
あえなく断念
今度誰かに付き合ってもらおう

魚沼の酒蔵「八海山」のブランド
『千年こうじや』さんで醤油麹と柚子こしょう味の横綱揚げせんべいを買いました


神楽坂はその時々の自分になにかしらフィットする感じがあって
楽しい

一緒に愉しんでくれる人とまた来たいな


posted by asa at 18:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月24日

DVD観た


2EEB94E2-2616-4873-BDB2-BDB85BC184D9.jpg

ウルフ・オブ ウォールストリート
監督マーティン・スコセッシ

オスカーノミネート常連から
やっと主演男優賞受賞したレオ様の
気になってた映画観ました

特典映像を観て納得
インプロ多かったんだね
冒頭しか出てないマシュー・マコノヒーも凄いけどマシューの出して来た即興を取り入れ
それがこの作品の大切な効果になってる
俳優のアイディアを抽出して繋げてより強化するスコセッシ監督、
気持ち悪い描写もとことんやる監督と
それを最大限に生かせるように
相手の芝居も引き出すレオ様もやはり凄いわぁ
良い俳優は表現が凄いけど
やはり受け皿も違うというか
アウトプットだけでなく
日頃のインプットの振幅もモノを言うのではないかなぁ
やはり私はレオ様凄いと思うのです

あと監督が表現を貫けるってやはりとても大変な事ですね
表現をとやかく言う人多いみたいだし
スポンサーから色々言われたり
資本主義では色々しがらみもあるのかもしれませんが
アーティストは貫いて作品作りさせて欲しい

じゃないと、息詰まるよ

表現も創造も生き方も

物事は表裏一体なんだ

どちらか一方だけを白黒つけちゃうなんて
まっぴらよ

白黒は各々の心の中で
しかも時やタイミングによっても変わるのだから


posted by asa at 23:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 観賞しました | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月16日

ありがとうの狭間で

C916EF2C-E9D1-49CB-9DB7-BA83337DD67D.jpg
6712D963-4418-4886-8737-AC8BE0D2837D.jpg
B9E04276-02BC-449E-9703-79AB0051D54C.jpg

モラトリアムパンツ
世界の果ては、パンツの果てだ。
公演終了しました

皆々様、ありがとうございました


千秋楽マチネを終えて
いよいよラストステージの準備をしている時に
父から家族に宛てメールが来ました
内容は恐れていたもので
心がえぐられるような思いでした

こんな気持ちで舞台に立つことの覚悟は
この世界に入る頃からしていたつもりでしたが
やはりこればかりは何にも変えられないと
判断し、バラし終えてすぐに
たてちんに電話しました
次回タテヨコ企画➕リクウズルーム合同公演は見送ります

いつも、ワガママをごめんなさい


モラパンで出会えたみんな、ありがとう!

共に出来た経験、自分の失敗も

今後へ繋げて行きたいです




posted by asa at 18:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月21日

モラパン観てね

2014年に出演させて頂いてから
2回目の出演です

演劇に触れる人の裾野を広げる事を意識してポップで魅力的なビジュアルや音楽使いにも拘る彼らの作品

スタッフ陣や関わるアーティスト、お手伝い応援くださる方々も多岐に渡り
色々な役割を果たしている輝いた顔が舞台上でもバックステージでもいっぱい

ぜひぜひ、ムーブ町屋へお越しください‼︎



演劇プロデュースユニット モラトリアムパンツ
5周年第10回公演
『世界の果ては、パンツの果てだ。』

作 永妻優一
構成・演出・振付 橋本昭博

2016年4月12日(火)〜4月15日(金)

◆ 公演スケジュール
4月
12日(火)19:00〜@プレ公演
13日(水)19:00〜A
14日(木)15:00〜 / 19:00〜B
15日(金)14:00〜C / 18:00〜
アフターイベント有!
@おかもとえみ LIVE
Aジョニーアラタ LIVE
B佐山花織卒業式
Cmpアフタートーク

◆会場
ムーブ町屋ムーブホール
荒川七丁目 50-9センターまちや3階
(東京メトロ千代田線町屋駅0番出口より徒歩1分・京成線町屋駅より徒歩1分・都電町屋駅より徒歩1分)

全席指定席
一般
前売り 3500円/当日3800円
以下前売り・当日共
☆プレ公演 一般\3000
学生      2500円  
演劇初めて割り ( 自己申告制 )  3000円 
芸術系学生特割 2000円
演劇系高校生特割 1000円

ご予約はこちらから!!
予約フォーム

☆早期予約特典あり!
3月21日までのご予約で、モラパン記念グッズプレゼント!!(振込のみ・カルテットオンライン・メールでのご予約に限り)


『あのね、私、さよなら、します。ここから少し、遠くへ、行きます。未来よりもちょっと先、火星よりももっと先。おやすみ、おはよう、ありがと世界』

Moratorium Pants 記念すべき5周年・第10回公演は、モラパンのキャッチフレーズをタイトルにした、劇作家・永妻優一による書き下ろし作品 !
副主宰・看板女優の佐山花織の無期限休業による退団公演。
アーティスト「おかもとえみ」によるオリジナルテーマ曲書き下ろし!
東京の街を舞台にした、今を生きる人々と、あなたと僕たちの、それぞれの夜明けのお話。パンツの果てに広がっている世界の果てと、いつまでもモラトリアムな僕ら。
それでも続く世界の片隅のそれぞれの日々を、モラパン流に POP にキュートにカオスに描く!

〜あらすじ〜
もうすぐ今日が終わろうとしている。
カラオケボックスには誕生日を迎えようとしている男と、知り合ったばかりの金髪の女。
近くの飲み屋では三十路の女がマイクに魂を込め、ラブホでは家出の計画を企てる二人の女の子。
DJはいつもの時刻きっかりにラジオを始め、とあるマンションには街の川を見下ろす女子中学生。
死にそうな親父と、もうすぐ産まれる命。ナンパする男と歩く女。それでも火星人は、今日も宙を仰ぐ。
ばらばらの物語がひとつにつながるとき、小さな奇跡が、夜明けに起きる。
もしかしたら、僕たちはこうして 『セカイ』 を作っている。


◆キャスト
橋本昭博( mp )
佐山花織( mp )

門脇舞以
日比野線(劇団半開き・FunlQ)
青海衣央里(東京タンバリン)
加賀美秀明(青春事情)
もなみのりこ
浅井裕子
森田ひかり(虚構の劇団)
太田旭紀
仲本詩菜
矢尻真温
住田咲
小倉詩歩 ( 劇団木霊 )
太田有美
Non.

ジョニーアラタ( mp )
星亜沙美
西風生子
古川さとし
日野優里

モリタモリオ
市橋朝子(タテヨコ企画)
織田裕之 ( ワタリダロケット )

◆ テーマソング書き下ろし!!
おかもとえみ
シンガーソングライター。1st demo e.p「HIT NUMBER」の発売後都内を中心に活動中。ソロ活動を主に、時にはベーシスト、時には科楽特奏隊のシンセサイザー担当エミソンヌとして活動している。元THEラブ人間ベース。2015年11月に1st ALBUM「ストライク!」をリリース。ゾンビ好きの、元ギャル。

◆ 問い合わせ
演劇プロデュースユニット  Moratorium Pants
Blog   http://ameblo.jp/morapan/     Twitter  @ moratoriumpants

What’s モラパン?
Moratorium Pants( モラトリアムパンツ ) とは ?
俳優・橋本昭博主宰の演劇プロデュースユニット。通称モラパン。 2011 年旗揚げ。
POP で CUTE でちょっぴりカオスな作風の気まぐれ演劇ユニット。演劇の枠に捉われず、様々なアーティストが所属。
2013年にはシンガポールとの共同創作公演で海外公演を果たし、第9回公演「おばけリンゴ」では動員1000人超えを達成!アフタートークにて谷川俊太郎氏からも絶賛を頂く。
「もっと気軽に演劇を!」をテーマに、場所や枠に捉われず、他ジャンルのアーティストとコラボしながら、世界と、いまと、空間と、人と人とを繋いでいく。パンツの果ては、世界の果てだ。

0834E35B-B978-4470-8DBF-DD196CEF8605.jpg
posted by asa at 00:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月19日

がんばろう

生きていると当然色々ありますね
辛い事、苦しい事、
体調不良にならないように

淡々とがんばろう


母と散歩をしました

C34C226C-E075-4C40-B11B-10C47CAC9A8E.jpg

花の咲いたふきのとう

3D029B14-DFB4-4DFE-A455-1D0AC46647C0.jpg

ホトケノザとペンペン草の畑

69ACAB8A-64F0-447D-B24C-8B7C92F17E22.jpg

いぬふぐりの花

雑草もみてると嬉しくなる


草木染めで反物を作り
着物や袴を作ったのが売れたと喜ぶ母

某高級ブランドの人が購入したので
パリで着用してくれるのかもしれません

わお!世界進出(*^^*)



posted by asa at 23:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月15日

無事に

タテヨコ企画第30回公演
「月の平均台」全8ステージ終了しました

出演者の皆さま、スタッフ、関係各位
ご来場のお客さま
ご声援くださった方々
ありがとうございました‼︎

今回は劇団員の西山竜一と初の夫婦役
西くんは舞台監督も兼ねており
どれほどの神経と体力をこれに注いだ事だろうか、私の数百倍くらいの熱量と実際の行動だったと思う

昨年秋から色々と私の個人的な事情で
バタバタとしてしまい
どうなる事かと思いましたが
無事に終えられて本当に嬉しいです

劇団員も客演さんもスタッフさんもみんな
お疲れ様でした

今回は愛娘を亡くしてしまった夫婦の役で、それが理由なのか
旦那さんの元から離れ月の裏側へ行ってしまう妻という事で
毎回毎回、あの真っ向から熱量のありったけをぶつけて来る西くん演じる夫から
愛しさを持ちつつ決別するシーンがとても難しかったです

毎日探されて追いかけて貰えてるのに
決別しなきゃいけない(*_*)
いいじゃないのぉ!だんなさんと力を合わせれば!なんて思う私ですが
それでも決別を選ぶ

私は決別の時にホットケーキを裏返したみたいなボツボツと穴のあいたみたいな
月の裏側を思っていました
そのボツボツと黒い穴が
私にあって欲しくない悪いモノだとしたら
その悪いモノに蝕まれていく身が避けられないモノだとしたら
そんな事を思っていました

あなたの記憶は絶対に残したいし
私は忘れたくありません

かけがえのないあなたが
本当に幸せでありますように

なんつて

タテヨコ企画はまだまだ
アメーバのようにイロイロになって行きそうです
年をとっても、みんなそれも含めて楽しみです

744B01AE-8277-4F8D-9ED7-AB3EC98876B0.jpg4A89A2C0-554F-49F0-9DDF-2169319A1856.jpgE6AE5743-20AA-4BCA-8B20-C6273711F9D4.jpg92AF6CDA-F20C-45EF-9FCB-6D942827DAA9.jpg60CECF57-F176-4E10-9FDD-FEA542B6521F.jpg


posted by asa at 21:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月26日

初通し稽古

C66BB751-82A7-40BC-908E-BDFD58B49AC9.jpg

月の平均台の初通し稽古でした

昨日から色々とシュミレーションして
小道具も職場で休み時間に切ったり
色々と思ってたけど
弱い自分に負けた気がした初通し

嫌われてももっと、押し切らないとな
やり切ってダメを貰おう
どうせなら

そんな甘くないけど

戻れない橋はとっくに渡ってる
グラグラとしながら
何度でも登り直して
しがみついて

それも許して貰えなくても

私は渡り続けます

ーーーーーーーーーーーーーーー

タテヨコ企画第30回公演
『月の平均台』

作: 横田修
演出:青木シシャモ

[キャスト]
市橋朝子、大塚あかね、舘智子、ちゅうり、西山竜一、久行しのぶ、向原徹
(以上タテヨコ企画)
岩倉真彩、上松コナン、河内拓也(劇団ステア)、
久我真希人(ヒンドゥー五千回)、タカハシカナコ、細身慎之介(CAVA)
山森信太郎(髭亀鶴)、吉田テツタ、渡部彩萌

[会場]SPACE雑遊
(東京都新宿区新宿3-8-8新宿O・TビルB1F)
■地下鉄 都営新宿線 新宿三丁目駅C5出口目の前
■JR新宿駅 東口より徒歩10分

[公演日程]
2016年3月9日(水)〜3月13日(日)
全8ステージ
3月 9日(水)19:30
10日(木)15:00☆/19:30
11日(金)15:00☆/19:30
12日(土)15:00◎/19:00
13日(日)15:00

[チケット料金]
前売/3,500円(日時指定・全席自由)
当日/3,800円
☆=平日マチネ割引/3,200円
小・中・高校生1,500円
大学生・専門学生2,500円
*未就学児童の入場はお断りさせていただきます。
*受付開始は開演の40分前、開場は開演の20分前
◎=ママ・パパ観劇day(小さなお子様をお預かりいたします)
小さなお子さまを、上演中責任を持ってお預りします。安心して観劇をお楽しみ下さい。
*定員になり次第締め切らせていただきますので、必ず事前にお問い合わせ下さい。
◆お申し込み イベント託児・マザーズ 0120-788-222
(お申込受付:月〜金曜 10:00〜12:00 13:00〜17:00)
日時:3月12日(土)15時の回
料金:¥500(チケット料金別)

チケット予約フォーム
どなたさまもお気軽にご利用ください


posted by asa at 23:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月14日

月の平均台

2008年に上演したタテヨコの中でも異色の作品をリライトして再演します!
演出は青木シシャモです
私は初演出演していなかったので、ドキドキしながらの稽古です
またとても素敵な客演さんたちに恵まれました!
稽古場でのあり方も含めて、皆さま本当に素敵です
熱量を高くするパワフルの源ってなんだろう
みんなに届けられるようがんばります‼︎


タテヨコ企画第30回公演
『月の平均台』

作: 横田修
演出:青木シシャモ

[キャスト]
市橋朝子、大塚あかね、舘智子、ちゅうり、西山竜一、久行しのぶ、向原徹
(以上タテヨコ企画)
岩倉真彩、上松コナン、河内拓也(劇団ステア)、
久我真希人(ヒンドゥー五千回)、タカハシカナコ、細身慎之介(CAVA)
山森信太郎(髭亀鶴)、吉田テツタ、渡部彩萌

[会場]SPACE雑遊
(東京都新宿区新宿3-8-8新宿O・TビルB1F)
■地下鉄 都営新宿線 新宿三丁目駅C5出口目の前
■JR新宿駅 東口より徒歩10分

[公演日程]
2016年3月9日(水)〜3月13日(日)
全8ステージ
3月 9日(水)19:30
10日(木)15:00☆/19:30
11日(金)15:00☆/19:30
12日(土)15:00◎/19:00
13日(日)15:00

[チケット料金]
前売/3,500円(日時指定・全席自由)
当日/3,800円
☆=平日マチネ割引/3,200円
小・中・高校生1,500円
大学生・専門学生2,500円
*未就学児童の入場はお断りさせていただきます。
*受付開始は開演の40分前、開場は開演の20分前
◎=ママ・パパ観劇day(小さなお子様をお預かりいたします)
小さなお子さまを、上演中責任を持ってお預りします。安心して観劇をお楽しみ下さい。
*定員になり次第締め切らせていただきますので、必ず事前にお問い合わせ下さい。
◆お申し込み イベント託児・マザーズ 0120-788-222
(お申込受付:月〜金曜 10:00〜12:00 13:00〜17:00)
日時:3月12日(土)15時の回
料金:¥500(チケット料金別)

チケット予約フォーム
どなたさまもお気軽にご利用ください

9FC90873-8A32-45DD-A66D-0B831082DAD9.jpg
posted by asa at 18:44| Comment(0) | TrackBack(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月13日

約2年半ぶり

すアレルギーが出ました

小さなのはちょこちょこありましたが

2/10 午前1時
ベースとして酷い身体の疲労がありました

身体に力が入らないので塩分不足かもと思い、疲れをとる意味で寝る前に梅干しを一粒食べて寝ました
その5分後位から目の痒み、瞼の腫れ、顔と頭が熱くなる感じ、唇の腫れ、脇の下などのデリケートな部分の痒み、おでこや鼻の脇の赤味、顔全体が赤くなり、
手のひらが赤くなりピリピリ刺激、足の刺激に身体が震える程の不快です

私の血圧は普段上が60代下が40代と低い
大体いつもアナフィラキシーの時は150代に上昇するので
アドレナリン注射は向かないらしい

腹痛や吐き気を起こさないよう、平常心を保ち
またちょっと掻いてしまうと一気に広がるので極力掻かないように待機
呼吸もコントロールしました
こういう時は極力動かない方がいいのです
動くとミックスされるみたいな感じです
そっとして抗アレルギー剤投与が一番です

落ち着いて救急車を待ち受け入れ先を決める間、血圧と脈拍も普通で発疹も確認されず軽視されてしまい
救急車を降りてタクシーで来いと病院
しかも深夜料金だし薬も1日分しか出せないそれでも良いならと言いつつ
明日の朝にでも普通に外来で薬をもらえと言うのです
救急隊も閉口、他の病院探してあげようか?と私に確認してくれましたが
何だか死ぬ程の緊急性は高くないのに救急車を使うなんてモラルに反してると言われているみたいで急にそちらの不安で一杯になり
大丈夫なので降りますと救急車を降りるサインをして降りました

しかし自宅に着いて一息したら一気に発疹が出て来てやはり顔は真っ赤
四肢、背中、腰と発疹が地図状になりました
特に手は指先から肩にかけて痒かった

いつも点滴をして楽になるので
タクシーで病院へ向い、着いてからもまた待たされ、
症状の出始めから2時間半後、やっと先生に診てもらうと、もう顔の赤味はなかったし、手と腰を見ただけで全身症状ではないという理由から
点滴はしてくれないと言うのでした

ザイザル一錠だけもらい
その場で飲んでまたタクシーで帰宅し
睡眠をとりました
朝になったら発疹は嘘のようになくなっていましたが、顔の浮腫、全身倦怠感、少しの吐き気で午前中仕事を休ませてもらった

一番初めの症状からを全部診てもらったら全身症状でした
血圧低下の意識障害は起こさないショック状態ではなくともアナフィラキシーですし
毎回大丈夫とは言えないらしく
やはり深夜にタクシーで自分で行くとしても点滴を断られるような事にならないよう、躊躇わず迅速に動こうと思います
医師は、大丈夫だろうと見越しても
私には一度の事が命取りになる可能性が無いわけではないとアレルギー科の先生に言われました

しかしその医師は酷いですね、大変でしたねと言われて驚きました
深夜に診てもらった先生はアレルギー学会の方
色々とわかってると思うんですがあの先生
はなぜあんなに冷酷なんだろう
たとえ命を落とす重篤でなくとも極端な症状であり、とても不快な事を知らないのかしら?朝まで我慢しろと?

なぜこうも先生によって違うのかしら
病院の院長宛に今後の他の人の為にも手紙を書いた方がいいとアレルギー科の先生に言われました
私も足はジーパンで脱ぐのが嫌だったし聞かれなかったので見せなかったのと、救急隊にやけに平気なフリをしてしまったのが悪かった
あとは、粘膜系の症状が一番の不快なのだけどそれを男性の救急隊に伝えられなかったことも反省

いつも食べている梅干しは市販品ではなく実家近所の手作りのもの
私はアレルギー検査では主にシラカバアレルギーが一番出ていました
シラカバアレルギーとバラ科の植物は合わせて反応してしまう事が多いらしく
今回の梅干しもバラ科でした

バラ科の食べ物
リンゴ・梨・梅・アーモンド・ビワ・イチゴ・サクランボ・モモ・スモモ・杏、ブラジルナッツ・ピーナッツ・ココナッツ・セロリ・キウイ・オレンジ・

香辛料
マスタード・パプリカ・コリアンダー・キャラウェイ・フェンネル・唐辛子・白胡麻


だそうです

私の傾向ですが

普段は大丈夫でも疲れている時に出る
調理されていないもの、生に近いもの、単体でシンプルにそのものを摂る事が起因となるケースが多いみたい

単体のシンプルな粗食を心がけるというアドバイスの一方で、バラ科の食品に関しては単体でシンプルに摂るのはリスキーな傾向があるみたいです

今まで一度も出た事ない物でも
突然出たりするし、わけがわからない

とにかく忙しくし過ぎない事

コンビニの物を摂らない事が目標なのですが忙しい時はどうしても忙しくて徹底するのは難しい!
でもがんばらなきゃねぇ
もう同じように活動してちゃダメなんだよね…考えます

この2年半、救急車を呼ばずに来れたんだけどなぁ
お守りがてらアレジオン錠を貰いました

深夜対応の自宅周辺の病院を再確認
東京都保健医療情報センターひまわりのホームページからも調べたけど、実際欲しい情報は検索しずらかった
これ、前もあったな
他の機関だろうけど24時間対応のとこに電話したら音声案内聞こえて具合悪い時にひとり検索してままならずだった

深夜対応の病院に自分で行く
アレルギーの全身症状を説明して速やかに処置をお願いする

そして一番は出ないようにする

とにかく食べ物、運動後、太陽の光などなど原因がわからない、その時々によるアレルギーなんて厄介ですが
傾向やパターンをひたすら蓄積、自分なりにアレルギー科の先生と分析していきます





posted by asa at 12:41| Comment(0) | TrackBack(0) | アレルギー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月11日

新年会

澤乃井園さんで新年会でした(⸝⸝˃̶͈ ૢ ૢ˂̶͈⸝⸝)♡

お酒は飲めない私も
この日を年末の肯定座の公演の時から楽しみにしていて
今日再び肯定座の公演出演者や関係者が集うことが出来て
新春の慶びをみんなで共にしました!

澤乃井園さんの振舞い酒の樽酒と粕汁もゲットし
美味しいお豆腐やらのつまみで
みんな日本酒楽しそうに呑んでたな

塩塚家のちびちゃん2人も来てくれて
吊り橋を手を繋いで渡ったり
小さな祠まで行ってお参りしたり
鐘をついて無病息災を祈ったり
紅梅も白梅も少し咲いていたり
空を見たり雲を見たり
温泉に寄って寝転んで星を見たり
贅沢な時間を過ごさせてもらいました〜!

ほおばってご飯を食べたり
笑ってはしゃいだり
こんな時間を今後も色々な人たちが持てるこの国でありますように

ABAECD4B-DCE8-404A-A0A2-B86AB6A39593.jpg

座ってる場所から写真を撮ると
太陽さんが溢れて光の輪を掛けてくれていたようです

素敵な1日をありがとう



posted by asa at 00:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする