2015年10月10日

試される

B4D12D48-D55C-42C1-AE05-A1322549FCB7.jpg

秋分も過ぎて乾燥の気になる季節になって来ましたね
日もどんどん短くなります

変わらない気持ち
いま一度大切にしたいモノを
新ためて確認させられたり

同じ考え方や感じ方でがんじ絡めだったのが
急に切り替えを余儀無くされました
同じ様で違う
伊達に年食ってないなと
我ながらここ強くなっていいのか?と思う位だけど
大事に向かって笑っていこう

先日、友人と友人の赤ちゃんに会いに行って来ました
なんて嬉しい事でしょう
赤ちゃんは本当に美しく存在自体が力強い

赤ちゃんと天井に反射する水面の光がキラキラとゆらゆらとしているのを見つけて喜びました

さて、芸術の秋
友人知人の鑑賞がたくさんで
これもやはりあらためて素晴らしいことだなと

小学校への授業アシスタントさせて頂いたり
これから英語劇のモニタークラスもまた参加します

演劇に携わって今の私がある

継続させて頂く事を許してくれる職場に
本当に感謝で、
気に掛けてくださる方々に本当に感謝してもしきれません

0D168176-0CCE-4FA4-A1D1-954E20759E84.jpg

先日は劇団員のしのぶと
彼女はお酒
私はお水

太陽に当たった方がいいですよと

しのぶに言われた(*^^*)

うん、そうだね

シミとシワだらけになっても

お日様の光があたる場所へ

posted by asa at 10:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月23日

奉納公演を

観に来ました

昨年は伊勢でも奉納公演したらしく
幸太郎くんのFacebookなどでその活動の写真などを観てとても気になってました

鎌倉に始り日本の様々な地を巡り
再びこの鎌倉の鶴岡八幡宮での奉納公演だそうです

今日幸太郎くんのおすすめ
鎌倉農協連即売所に寄って
とても美味しそうなパンをひと山と
さらに近くのスーパーに寄り
鎌倉野菜を少し購入しました

開演時間迄に甘処あかねというお店で
煮あずきと白玉と抹茶寒天とお茶でひと休み

煮あずきのあずきがとても大きくてぷっくらとひよこ豆のような形の物も混在してて
思わずこれはあずきですか?と質問してしまった程でした
とても美味しかった

33B6C939-086B-4F1A-820F-F05E7D9287CB.jpg

市場、今度は時期を変えて午前中に来てみたい

C4D80631-F746-491E-88EB-D6EC3A265B17.jpg

開演時間まで数年前に倒れてしまった
大銀杏の前で休んで
境内の気持ちの良い空気の中にいます

秋分の日の日の入り
開演時間までもうすぐです


posted by asa at 17:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月05日

過ぎ行く夏に

1D980E84-868F-4220-8290-CFDD2FA3579C.jpg

雨が続き今日は貴重な晴れ間
朝から洗濯機を回して干して
太極拳教室へ
背筋を無理なくトレーニングする動きを教えてもらった
足三里というツボも教えてもらってよかったな

教室を終え、八幡さまへお参りに行き
帰りに気になっていた
高円寺の穂わ心CAFEさんでふわふわの氷に
自家製シロップのかき氷

この夏食べ損ねた〜と思ってたのを
叶えました!

いちごミルクのミルク少なめでオーダー
座って待つ間店内を見渡しメニューもよく見ると
殆どのものが自家製で、沢山の小瓶の中に
果物のシロップとか、梅干しとか色々あり
パンやケーキ、焼き菓子もある
凄いなぁ
近所にこんなお店あったのね

ランチも美味しそうだったなぁ

秋冬にはタルトタタンもやるみたい

また来ようっと!

穂わ心

posted by asa at 16:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月16日

陽の気

毎年8月は暑さのせいもあるせいか
空間の歪みのようなものを感じます

何それ?って言われても仕方がない感覚です
原爆投下の歴史、御巣鷹山の日航機墜落事故、終戦記念日
連日のように海や川など夏のレジャーの事故も多く
命の尊さや儚さお悔やみの気持ちが入り乱れながらも
盛夏の風物詩や恵みの野菜や旬のモノで精をつけて
淡々と日々感謝

今年は
今月の5日からなんだか色々ありました
掛かりつけ眼医者さんが転院になるとのこと
来月から経過観察中の案件がどうなるかわからないなぁ
と、翌日職場近くの薬局へ処方された薬を取りに行くと在庫不足で二度足を踏む事に

むむ!と、翌日同薬局へ行くと薬は手に入るも今月いっぱいで閉局を告げられ

あら〜、と、いつも停めている中野駅前の駐輪場へ行くと10月末で閉鎖の文字(´Д` )

そして、同じ週の土曜に、今迄出た事ない食材、桃を食べてアレルギー症状が出てパニック
何とか治り夜は出掛け帰宅すると
網戸に穴が開けられていてネズミの侵入に遭う(´Д` )
網戸 ネズミ で検索したら同じような穴の写真の画像(´Д` )
ゾッとして侵入された近辺を掃除
夜も何度も起き抜き打ち観察するも姿気配物音無し

翌日はレンタルDVDを返却へTSUTAYAへ行くと何やら店頭で店員さんが人止めしてる
あれ?と見ると店員さんの横に手書きで書かれたポスターに営業中止の文字( ̄O ̄;)
なんと火事に遭ったのだそうな

他にも色々とあって
もおなんなの〜!!!
という感じ

怒りっぽい人、疲れてる人も多い感じで
なんだかな〜でした

ネズミの具体的被害は侵入判明の数日後、やっと気付きました
食材置場の未開封パスタが1本ピョッ!と飛び出てて、よくみると袋に網戸同様丸く穴が開いてました
ネズミ パスタと検索するとネズミのよく襲う食材の中にパスタありました
やられた〜!と半狂乱になり侵入された日に被害チェックしたけどわからなかった〜!とアルコール消毒作業し直し
と、また数日すると何かしら臭う
あれ⁈とまたチェックすると同じ食材の箱のレトルトのミートソースが少し齧られて穴が開いてました
被害チェックで気がつかなかったけど日が経ってソースが臭って来て気付きました(>_<)
と、まあネズミさん、パスタとミートソースを食べて行かれたのね!
チーズ好きで有名なネズミ、パスタをポリポリしてミートソースチューとしてって
イタリアンかい!
まだ家の中にいたらどうしよう
でも網戸に穴が開いた日から1度も音や変な事はありません
食材の袋齧られた穴に気付いたのは遅かったけどね!

網戸は直ぐに補修シールゲットして
忌避剤置いて様子見です
8年住んで始めての事ですが嫌なもんです!

そしてうっすらと続いたネガティヴワードの連鎖やネズミ侵入やら、他の嫌な事は14日の夜に終りました

何年越しかの引っかかりも有難くも解消し、
持つべきモノは友!
ありがたいです

15日は終戦の日
なんとなく朝早くにお線香をあげました

そして友達家族宅を訪ね
子どもたちとゴハンをいっぱい食べて花火してスイカ割りをさせてもらいました!

子どもたちの笑顔は
色々な嫌な事の流れを一気に無くしてしまう程無邪気なものですね

過ぎ行く夏からも
陽の気を惜しみ無く注ぎ込んでもらいました

ありがとう

明日から少しモード切替!


AD1BBE24-9121-494A-AC04-AD3586112FB0.jpg

写真は関係ないけど
ソイハムの豆乳クレープと
ベリーのヨーグルトスムージー

友達の旦那とおしゃべりしたんだけど
自然食品もジャンクフードも両方程々に愉しむことが身体にいいんじゃない?って

私もそう思う!

そう思ってもジャンクフード食べれないストイックな期間もあるけど(^^;;

posted by asa at 20:15| Comment(0) | TrackBack(0) | アレルギー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月10日

浮雲

やっと観ました

BE485B16-84E9-4F8F-8E94-929D5532D07D.jpg

うーむ

男の主役富田、どうしようもない

とにかく、モテる
モテ過ぎです

花を花として感謝出来ないのかしら

嫌だぁ
女を幸せにしない男

ヒロインの高峰秀子が美しいし
可愛い
毒付いたり急に病気になったり
ちょっと面白い

七人の侍に出演してた加東大介も出演してました
いい人なのに、富田の野郎!

どうしようもないこういう男女
いっぱい普通にいたんだろうし
いるんだろうな
今より根気みたいなものがあるのかもしれない
自分でやっといて何?
そんな言い訳で我慢出来ないの?
人間の弱さ可愛げがあるとも言うか
だけどずっとヒロインを幸せにしない
男の心理を上手く描いてるの?
男の人には見事!と思うのかな?

でもそんなこんなが妙に魅力なのかも、富田の野郎!
結局見入ってしまった

私が昔住んでいた大塚、巣鴨辺りでの
心象風景を思い出した
木造の電柱とか、柵だとか
コンクリート舗装されていない私有地みたいなところへ行く砂利道とか
オンボロの小さな間取りの木造の住宅
まだあったなぁ、、、

小津安二郎に
オレには撮れない写真だ
と言わしめたそうですが
その辺はさっぱりわかりません




posted by asa at 22:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 観賞しました | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月02日

田舎涼菓

189A4A2B-C6C4-4623-ABF9-12D071A17467.jpg

乾燥芋の水ようかん風

黒糖と煮て寒天で冷やし固めました

夏は良質な黒糖もミネラルいっぱいで
元気出ます

このお芋はやたら白い
味は甘くないけど
いい香りです


posted by asa at 21:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

舞台でも

F091A2E4-2941-457F-A51E-3E394ACED14E.jpg

ついに観ました
『ビフォア・ミッドナイト』
監督:リチャード・リンクレイク

1995年『ビフォア・サンライズ 恋人までの距離』
2004年『ビフォア・サンセット』

に続き同じ監督、同じキャスト
ジュリー・デルピーとイーサン・ホークも脚本に共同クレジットされている

このふたりの恋の始まりから再会、そして今作では中年夫婦の酸いも甘いも噛み分けた2人の現在の姿が描かれる

ふたりの思い出を話す内に現在の心情が吐露されて時の経過や変化を知ったり
怒りと共に真の気持ちを獲得し直したり
ラブシーンかと思いきや大喧嘩となったり
自分の言動も気分によっては言葉使いも違ったり、そこを責められると真の感情や言い訳が出て来たり
状況を打破したり、進行発展させる為に相手に乗ったり演じたり
性の不満さえもぶちまけて
尚ふたり一緒にいる

真実はふたりだけで
いつも現在進行形でそこにあり
きっと操縦可能なもので
カタチを如何様にも変えていけるものだと思いたい

ただいつも先はどうなるのかはわからない
わからないけどぶつかり合えるのは素敵

夫婦円満の秘訣はケンカを回避すること
と言う方々も多いですけどね!

低予算でふたりの会話を中心に描かれた三部作
年月も随分とかかり
時代の変遷も感じる中
演劇でもこういう作品出来たらなぁと
思いました

いや、演劇にこそ、こういうの多いはずよね?
劇中劇を観る内に真実か炙り出されるとか
感情吐露で状況変化していくとか
日常の何の変哲もない毎日に
火種はたくさんあり
その着火点や事件、事件後、
愉しむことの出来る作品は
やはり楽しいものです

イーサン・ホークはシェイクスピアなどの舞台作品出演も多かったらしく
この長回しのセリフの応酬でも確実に優しく受け返してるあたり
デルピーばかり受賞してるけど、声の大きさとか相手に聞かせる発語とか凄いなぁと思います

それにしてもふたりとも
すっかりお腹の出た中年の男女で
私もまた同年代として
余計にこの映画が愛おしいです



posted by asa at 09:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ベタつかない人

E8EC0AFD-2F80-47F3-9BEA-8997AAACA9AA.jpg

『そして父になる』
監督:是枝裕和

たてちんとシシャモが飲み屋で言い合いになってた映画
カンヌで審査員賞受賞で盛り上がってましたね
アメリカでもリメイクされるとのこと、どうなるんでしょうね?

福山雅治の家庭を顧みず仕事ばかりの高給取りサラリーマンの野々宮の家庭と
田舎街の電気屋さんの仕事より子ども達との時間を大事にする庶民派リリー・フランキーの斎木の家庭の対比と共に
取り違えた子どもを巡りお互いの血の繋がり上の子どもを引取り暮らす選択をするも
中々上手くいかず
血の繋がり上の父ではなく
我が子に向き合っていくことで真に父親になるという物語

リリー・フランキー扮する斎木役、言い訳も多く
奥さんの意見に直ぐ巻かれて
低い所得の中、慰謝料を期待したりフードコートの飲み物の領収書を取り違えを起した病院の名前でしっかり貰う姿、ヘラヘラとして細いしつけは気にせずとも、子煩悩に子どもと触れ合う姿と子どもの信頼を得ている姿が描かれる
福山の扮する野々宮役はエリートサラリーマン姿のやや完璧主義、亭主関白で斎木との対比が面白くもあり自分の思い通りに子どもをしようとする横柄な姿が面白かった

お金でふたりとも引取らせてくれないかと野々宮が提案するシーンでのリリー・フランキー扮する斎木が「負けたことのない奴はホント人の気持ち考えないよな」には響くものがあった

真木よう子の自分の意見を芯にいつも持ち毅然とした中に子ども達や同性の母親へ思い遣りを見せる姿もとても素敵

とにかく、リリー・フランキーには敵わない
この人の舞台も観てみたい
凄い役者ってやはり生き方なのかな
生き方がつまらないと所詮何をしても無理なのかしら
この何をしてもベタつかない存在
いやらしいのに愛される
凄いよね

しかし何でたてちんとシシャモ言い合いしてたのだ?


posted by asa at 08:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 観賞しました | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

猛暑続き

暑い夏が好きですが
朝から猛暑で消耗しやすいですね

ボンヤリしてると食欲を無くすしんどさ
野菜を直ぐ採れるように茹でておいたり
漬けたり
お惣菜を作り置きしながら
猛暑に負けお出掛け断念し
自宅DVD観賞の贅沢デーにしました

D87ADC99-9567-4ABC-A68C-7F590B512FF1.jpg

『太陽』
監督 アレクサンドル・ソクーロフ

日本公開は2006年で公開に際し多少物議を醸したように記憶しています
何となくそんな物議の中観る意欲が削がれていて機会を失ったままでした
8月になると戦争映画や戦後を考えさせる特集や特番も増える時期
ましてや、今年は戦争法案とも呼ばれる
安全保障法制を巡る問題で世論の反対も多いせいか、その特集や記事、ブログや書籍、想起させる作品などがより目につく印象です

この映画で昭和天皇の事を知り得た、または想像が出来たと言うのが私は憚られます
ただ色々なエッセンスは受け止め、研究の中で国民の苦悩を感じ言葉にしてその発言を記録させるシーンなど面白かったです
また、全てのシーンではないかと思いますが鏡に映る姿を撮影したとも言われているようで、おや?と思っていました
そのおや?が人間宣言した陛下を描こうともその通り受け取らせない何かにも通じていたような印象です
この鏡像の演出の真偽は不明ですが、、、

夢のシーンの映像は陛下の研究と重なりお魚が泳いでいるような芸術的な画でした
愛すべきもの、自然や生き物が兵器になり戦禍の炎となるのは全ての人類にも生き物にも地球にも宇宙にも申し訳ない位残念なことですね

御前会議の最後に明治天皇の御製歌「よもの海」を自ら詠まれたシーン
とても難しいでしょうね
よもの海に託された思いと
続く全面降伏を示唆するお言葉
現実はこの映画を観ても推し測る事なんか容易に出来ない重いものだったのだろうと思います


2014年9月に公開された昭和天皇実録や、
2015年8月1日公開されたばかりの玉音放送原盤など
史実を知りたいなら
そちらに触れてみようかなと思います

太陽に象徴された神格化された立場から
月明りの下人間宣言を決意するも
それが民の苦痛でもある事を知らされるラスト

科学や自然を思う気持ちと
民の平和を思う気持ちが
密接であり
それが人間でもあり神格の役割もあるような

マッカーサーが天皇陛下と交流して
色々と心が変化して行くのは
この侵し難い唯一無二の存在のおかげであった事は想像出来ます
やはり天皇陛下の存在は世界の中でも稀有な有り様ではないかと思いますし
一朝一夕では到底成さない、継承そのものが信頼や尊敬を集める源でもあるのだと思います


あとイッセー尾形氏がやはり凄いのは言うまでもありませんね
タバコの火種をマッカーサーから貰う目の強さ、緊張しました
あと御前会議での六平直政さんが少ない出番ながら素晴らしいなぁと思わされました


posted by asa at 03:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 観賞しました | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月26日

七月歌舞伎

83A148F9-09F3-4F38-B81C-A1D646A5518F.jpg

昼の部の公演に母と

歌舞伎座が新しくなってから初の鑑賞
何年ぶりだろう
この何年かで中村勘三郎さんや市川團十郎さん坂東三津五郎さんも逝ってしまわれ惜しいですが
今は今
暑い夏に熱い舞台でした

猿之助さんがやはり素晴らしくてちょっとコワイとさえ感じる位、釘付けになりました


最後の隈取りをした海老蔵さんの衣装と見栄も見応えありました

歌舞伎やはり面白いですね
また母ともう少し良い席でみたいなぁ

東銀座駅直結の木挽町で笹の葉弁当買って幕間に頂きました
これもとても良いお味でした



posted by asa at 08:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする